クロスケ日記 105日の日々

どこにでもいる三十路弱小会社員の日々の記録。他愛もないことを綴っています。

インストールしないに限る

仕事で使用するPCに、PC版LINEをインストールしている人、たくさんいると思われます。

先日あることで、ある人のLINEがインストールされているPCを使用しなければいけない作業がありました。

すると、プライベートLINEのトークの通知が表示される表示される。

それも女性からの通知がね!

本命なのか遊び相手なのか知らんけど、

けしからんぞ、羨ましいぞ!

やっぱり、仕事道具は仕事道具として使わなくてはいけませんね。

余計なソフトはインストールするものではありません。

 

私は吃音者ですが、今週も吃音の波があり、ちょっとした会話も言葉が出てこず、しどろもどろになりながら変な汗をかいてました。

社歴だけが無駄に長くなってきたせいか、あからさまにからかわれることはありませんが、私がなにか発言しても「こいつのどもっている言葉なんか価値はないから、適当に相づちをうっておくか」という大人の対応が地味に記憶に残ります。

もちろん、吃音の有無関係なく、「他人」は自分が思っている以上に自分のことなんか気にしていないというのは重々承知しています。

もし吃音者でなかったら、どんな人生があったのか。もっといろんなことを経験できたのか。

「もしも」を考えることは無意味ですが、たまには想像の翼を広げ思いを馳せます。

 

あと1日。労働者として頑張ります。

寝る。

 

PENTAX   フィルム:kodak …多分colorplus 200

野に咲く花:フィルムカメラ