クロスケ日記 105日の日々

どこにでもいる三十路弱小会社員の日々の記録。他愛もないことを綴っています。

風なことを言ってみる水曜日

仕事ができる同僚たちと昼食を取りました。

やはり出来る人たちというのは、見ているもの、見えているものが違うと痛感します。

大局観、というやつでしょうか(人間の能力差は残酷なほど不公平ですねー)。

自分はどうもちっぽけなことに囚われてしまうな、と。

「傷つかないように、自分可愛さで手一杯」なんだろうな、と自己嫌悪しそうになりました。あ、この表現は好きな小説の一節をパクってます。J-POPの歌詞ではありません。

 

仕事終わりにご飯を食べに行く相手が欲しい。

それすらも贅沢でわがままな事なのだろうか。

でも、負けない。非モテだから。

 

疲れたー。運動不足が深刻だ、と知った風なことを言ってみる。

寝る。

 

PENTAX  フィルム:kodak Colorplus200

紫陽花