クロスケ日記 105日の日々

どこにでもいる三十路のしょーもない賃労働者の日々の記録です。他愛もないことばかりですが、カメラ、小説、映画のこと等少しずつでも続けていけたら。

個人的 今年の一文字

個人的、今年の一文字を少し考えてみた。




うん、うまい漢字が思いつかん。

まだ振り返るには少し早いが、思い出したことを記述してみる。

●一人旅行
今の仕事の拘束時間から鑑みるに、一人旅行はそこそこ行けたかな。
北陸旅行が楽しかった。

しっかし、それにしても今の会社、休みが少ない。
労働者が「会社と家の往復で、休みの日は疲れを取るためにどこにも行けないで寝ている生活を送ること」を前提に設計され、働かされている様に感じる。
そして、それはおそらく間違いでは無い。
小さい子供がいて、身近に親とかのバックアップ体制のない家庭は崩壊してもおかしくないと思うよ。
崩壊しても会社から見れば、甘えの自己責任なんだろうが。
利潤を社員にちゃんと還元してるのかどうかはアレだが、会社の内部留保は相当あるとにらんでいる。 
くっそー。

●体調の変化
これは、非常に精神的にきたね。
生死に関わることではなかったが、すげー落ち込んだ。
人は失って初めて、心の底から健康のありがたさを思い知るのだろう。

●カメラ
自分の生活圏で撮れるものを、少しずつ撮っている。
一眼だけどエントリー機だし、誰に褒められるわけでもなく、それが収入になるはずもないが、日々の記録を兼ねて撮り続ける。
新しいレンズも購入し、使いこなせるようになるのが楽しみだ。


●彼女はまったく出来なかった。
会社の同僚以外で女性と話したのなんて、数える程だよ。ちくしょう。
いや、これはかなりやべー状況だな。
運良く、20代前半の子と話す機会があったが、天真爛漫に育ってきた子なのだろう、テンションについて行けず、自分がいかに遊んでこなかったかを思い知ることができたのが、唯一の収穫だった。
人肌恋しい。


そして。
くそぅ。
また、レンズフードをなくしてしまった。
これで2回目だ。
たいした金額ではないとはいえ、
どこでいつなくしたのかも気付かなかった自分自身に凹む。

そんな夜は、
大人な動画を見て、寝る。