クロスケ日記 105日の日々

どこにでもいる三十路のしょーもない賃労働者の日々の記録です。他愛もないことばかりですが、少しずつでも続けていけたら。

特にないが

うん。
自分自身はコピー&ペーストの様な毎日を送っているが、社内人事があったり、同僚は身近な人が旅立っていった、という悲しいこともある。
いつまでも同じなんてことはありえない。
仕事内容も変わるし、
親しかった人との関係が変化したりもする。
歳もとるしね。
全盛期の栄光を引きずり、
引き際を誤り、客観視出来なくなっている歌手が揶揄されているが、心の底から小馬鹿にすることは出来ない。

何が言いたいかというと、
特に伝えたいことはない。

けど、
寂しいよ。
1日の終わりに誰かと話したい。
自分の意志が物事を決めると分かっていても、
辛い日はある。
異性とゆっくり過ごしたい夜もある。
ま、家庭がある人はもっと違う感想があるんだろうけど。

寝る。
もう少しで小旅行だ。
仕事は、プライベートなんて関係なく、上から下へ容赦なくぶん投げられてくる。