クロスケ日記 105日の日々

どこにでもいる三十路弱小サラリーマンの日々の記録。他愛もないことから、写真・カメラ(Canon、時々FUJIFILM)、小説、映画、旅行とか。

好奇心は枝葉に分かれ

今までしてこなかった、なにか新しいことを始めてみようと思い、

実際に始めたのがこのブログ。

いまだに使いこなしてるいるとは言い難いが、楽しませてもらっている。

(黄色じゃないスターの意味がまだよくわかっていません)

アナリティクスやサーチコンソールという仕組みも不勉強で、ブログを始めるまでまったく知らなかったから、ちょっとは進歩しだだろうか。

ひとつでも興味のあることを継続すると、好奇心は枝葉に分かれ、ずっとそこに在ったのに認識できなかったことを教えてくれる。

 

などなど長ったらしく書いたけれど、購読させていただいているブログで紹介され、ずっと気になっていた映画「わたしは、ダニエル・ブレイク」を鑑賞した。

とても重い映画だけど、観て良かったと思っている。

というかこの映画の内容は、この日本も同じようなもんでは?と思わずにはいられないこと請け合いである。

ずっと前に西日本の方で、役人の「水際作戦」というのがなかったっけ?

今も現在進行形で、なにか起こっているのでは?

登場人物のある行為に揺さぶられ、「爵位を!」と叫んだ男は、だれにでも訪れる未来かもしれない。

 

ひとつでも興味のあることを継続すると、思いも寄らない作品や文化や思考に触れることが出来る。こうやって物事は繋がっていくんだと思った、けど、明日から仕事だ。

 

社畜に安眠を。