クロスケ日記 105日の日々

どこにでもいる三十路のしょーもない賃労働者の日々の記録です。他愛もないことばかりですが、カメラ、小説、映画のこと等少しずつでも続けていけたら。

運の要素満載

サラリーマン社会。
誰の下に付くかによって、能力を伸ばすことができるのか、ただの小間使いをさせられ時間だけが過ぎていくのか、この違いが恐ろしいね。
こればっかりは、運だと思うよ。
もし、人を育てることができない先輩に当たったら、自身でどれだけ想像力を働かせて、危機感を持てるかがポイントだと。
所謂大企業の社員教育の実態は知らんが、
日本中に数多ある、いち中小企業に身を置く人間として切に感じるね。
明日は我が身だ、と。


晩御飯を定食屋で食べていると、先に飲み会している客達の会話の言葉遣いが汚いこと汚いこと。
それ相応の歳のはずだが、ヤンチャな中学生の会話か?、と。
仕事柄、言葉のきつい人達と接することはあるけど、まーこれは聞き苦しいね。

育ちってやっぱり大事だわー。
ろくな生き方してないね。
いつまでも若いときの武勇伝の栄光を引きずっているんだろうね。

反面教師にせねば。
あー、彼女がいればなぁ。
寝る。