クロスケ日記 105日の日々

どこにでもいる三十路のしょーもない賃労働者の日々の記録です。他愛もないことばかりですが、カメラ、小説、映画のこと等少しずつでも続けていけたら。愛機はCanonの一眼エントリー機。

日々の清涼剤は大切

資格試験の勉強をしているが、時々なんの為に勉強しているのか、この勉強に意味なんかあるのか、と考えなくていいことを考えてしまう。

勉強してる時間があるなら、おねーちゃんと遊んでた方が有意義ではないか、と。

この資格を取ったからと言って人生が劇的に変わるわけでもないし安泰な訳でもない。
むしろ、ちょっと勉強ができる人ならそれほど難しくもない資格だ。

結論として、何にもしなくても時間だけは確実に流れ歳だけとるのだから、せめて、せめて何かやってやろう、という気持ちが支えになっている。
もし試験に受かっても、社内での浮いた存在は変わらず、人間関係だって絶対に改善されない。
いつもの日常が流れるだけだ。

それでもいつか振り返った時、『俺もいつの間にか遠い所に来てしまったなぁ』とおセンチに感じるように、『あの時、仕事終わりに必死こいて勉強してたなぁ』と思いたいだけなのかもしれない。


社内で抜群に仕事が出来る人が、某匿名掲示板の愛用者だと知った。
うぬぬ。
人は見かけだけでは、分からんものだ。

社内のモテ男は、最近年下の女性を抱いたらしい。
くっそー。


今日も勉強だ。
過去問解くぞ。
クソッタレが。