クロスケ日記 105日の日々

どこにでもいる三十路のしょーもない賃労働者の日々の記録です。他愛もないことばかりですが、カメラ、小説、映画のこと等少しずつでも続けていけたら。愛機はCanonの一眼エントリー機。

茶番とわかっていても

資格試験の勉強をしている。
日中は本業に勤しみ、疲れた身体で問題集と格闘している。ま、集中力はずっと続かんけどね。
途中、大人の画像見てるし。

たいした資格でもないし、資格があったってそれで安泰と言うわけでもない。

新卒の社会人じゃあるまいし、大多数の平凡な人間はある程度歳を重ねると、実務経験と人脈、結果(実力)だけが全てではないか、と思うようになってきた。
(人生の先輩たちは、もっと違う境地だと思うが)

ハルオさんも言っていたが、結果だけが自分の身を守ってくれた、と。

そんな訳で、無いよりはあった方が絶対にマシ、という資格試験の勉強している。
同僚が、ほとんど持っていない資格だ。

そんで、たとえ茶番とわかっていても職場では踊り続ける気持ちだ。
生意気な後輩も入ってきたしね。


試験が終わった暁には、たくさんの大人の動画を見まくってやる。
見まくってやる。
それだけがモチベーションの非モテ男。
悲しい。
あと、写真も撮りに行くぜ。

今年は、花火を撮ることができるかな。

浴衣の女性が眩しすぎて、直視できない。