クロスケ日記 105日の日々

どこにでもいる三十路のしょーもない賃労働者の日々の記録です。他愛もないことばかりですが、カメラ、小説、映画のこと等少しずつでも続けていけたら。愛機はCanonの一眼エントリー機。

一週間が終わる

f:id:haretaraiinaa:20180303214227j:plain

なんだろう、漠然とした不安と、どうにかなるという根拠のない気持ちが、交互に押し寄せてくる。

ま、なるようにしかならい。
やるだけやってみるさ。


社会に数多ある、中小企業。
社風は会社の数だけあるだろうけど、
今の会社は人を育てるのが非常に下手くそである。
職種にもよるが、人が成長するのには年単位で考えないといけないだろう。
やらせてみる。
失敗したらなぜそうなったのか考える。
反省点を踏まえまたやってみる。
基本的に、育てるとはこの繰り返しだろう。
小学生に教えるみたい、と揶揄されようが、まずはそこからなんだよ。
なぜそんな当たり前のことを疎かにするんだろう。
目先のものを追いかけすぎなんだよ。
それに人の成長速度は人それぞれだ。
なのに最初、ちょっとできないくらいで「あいつは駄目だ、わかっていない」の烙印をおされ、ずっと言われ続ける。新人に、「なんでできないんだよ!」と恫喝するが、新人にベテランの仕事を求める異常な体質は追求されない。
有名企業、大企業じゃあるまいし、なに新人・新入社員に求めてんだか。

社会は甘くない、ともっともらしいこともわかるよ。
ただ、小さな会社なんだから、絶対に人は湧いてこないんだから、責任の押し付け合いなんかよりももっと大事なことがあるだろうに。

ま、自分達の代さえよければ下の世代は踏み台でしかない、という思惑も透けて見える。
この国みたいだな。
国も会社も似るもんだ。

なんだか、金曜日の夜の居酒屋みたいになってきたな。


最近お気に入りのセクシー女優の動画でも見て、寝る。
寂しい独り身の時間。