クロスケ日記 105日の日々

どこにでもいる三十路弱小会社員の日々の記録。他愛もないことを綴っています。

よくやっている

あるブログを読んでいたら、 「人間関係の資産がなかった」という言葉に出くわした 。
前に「文化資本」で日記を書いたけど、その時と同じような気持ちになった。
(生まれ落ちた環境などから、代々受け継がれていく目に見えない財産、「文化資本」。)

自分が常日頃感じていた不公平感や言葉に出来ない憤りをまさしく具現化した言葉だ。


私も「人間関係の資産がほぼゼロ」だった。
同世代が、小さい頃から蓄えた「文化資本」、普段接する人から身に付けた社交性、会話術といったものをほぼ獲得できないまま社会人になり、会社という村に放り込まれた。
社会人の最初の頃はそりゃあひどいもんだった。
徒手空拳で、魑魅魍魎と接するんだから。

むしろ会社という村で、社会のリハビリを受けたようなもの。
本来ならば、小さい頃から成長していく過程で教わるものだってあったかもしれない。

でも、その時の能力で、自分に出来る精いっぱいのことやっただけだ。
だから、人からなんて思われようと俺は悪くない。

そして、なんとか曲がりなりにも働いて納税して(会社がやってくれてるけど)、実家も出ている。
自分のはいたパンツは自分で洗濯している。

文化資本」や「人間関係の資産」に、ほとんど恵まれなかったけど、ほんと、自分はよくやってる、と思う。
自分で自分を褒める。

もう今さら大企業に入れる訳もないし、成長産業を嗅ぎ付けそこに潜り込む才覚もないし、海外をまたにかけるわけでもない。
それでも、配られたカードで勝負するしかない。
誰の言葉か忘れたけれど、有名な言葉。


試験勉強で少してこずった問題があり、イライライライラ。

大人の動画みて寝る。