クロスケ日記 105日の日々

どこにでもいる三十路のしょーもない賃労働者の日々の記録です。他愛もないことばかりですが、カメラ、小説、映画のこと等少しずつでも続けていけたら。愛機はCanonの一眼エントリー機。

さまよう気持ち

f:id:haretaraiinaa:20180221221014j:plain

人は、その年代その年代で年相応の事を経験していないと、年を重ねてから反動がくるらしい。

年相応の友達関係、恋愛、失恋等々。

いやー、身に沁みるね。

俺はいったい何なのか。
中学生の頃から何も変わっていないと思う。

20代が終わり30代になると、ふと自分のことを考えることが多くなった。
ついこの間読んだ、たそがれたかこも結構影響してる。
ま、こんな風に書くと深刻そうに見えるけど、常時こんなこと考えてる訳でもないが。

俺は年相応の事を経験してこなかった。
ただし、曲がりなりにも就職し、辞めずに続けている。働いて納税もしている。実家を出、一人で生活し自分で自分を食わせている。
底辺の家庭だったが救いようがないわけでもない、かといって中流だったかといえば、中流でもない。
あの家庭、親、地域で育った人間にしてはよくやっている方だと、この点だけは自分を褒めたい。
今立っている地面が砂上の楼閣だったとしても。

俺のさまよう気持ちは成仏するのか。

女の子と寝たい。
寝る。