クロスケ日記 105日の日々

どこにでもいる三十路のしょーもない賃労働者の日々の記録です。他愛もないことばかりですが、カメラ、小説、映画のこと等少しずつでも続けていけたら。愛機はCanonの一眼エントリー機。

一日の終わりに

一日の終わりに
誰かと今日あったことを話したい。

病んでるわけではない。

人間って社会的な生き物なんだなぁ。
と、こーゆうとき感じる。