クロスケ日記 105日の日々

どこにでもいる三十路弱小サラリーマンの日々の記録。他愛もないことから、写真・カメラ(Canon、時々FUJIFILM)、小説、映画、旅行とか。

浮き世は押し合い引き合い押し付け合い

タダより高いものはない、と先人が言葉を残している。
それを目の当たりする1日だった。

本来は当たり前のことなんだけれど、何故だか、さも「あなたが至らなかったからこうなってしまった。だから、俺も動いたんだ」という立ち回りをされ、秘技「お為ごかし」を受けてしまった。

結果として、こちらが一方的に抱えていた業務上の問題は解決した。
その代わり、こちらが悪者になるであろう役目を押し付けられた。
自分が悪者になりたくないのだろう、今回の一件は渡りに船だったようだ。目ざとく押し付けられた。
いや誰だって悪者になる役目は嫌だけどさ、その気持ちはわかるけどさ。
そして、その役目の説明を聞きながら、言外に「これだけやってやったんだから、これを受けるのは当たり前だよな、だって俺、悪者になりたくないし、いいとこ取りだけして、格好付けたいもーん」という声がビシバシ伝わってきた。

は、仕方ない、悪者にやってやろうじゃないか。


この組織にいると、「この人と成長したい」とか「この人の御輿を担ぎたい」と到底思えなくなり、むしろ先輩だろうが上司だろうが何だろうが、ものは使いよう、いかにして自分の負担を減らしながら同僚からいいとこ取りしてポイントを稼ぐか、という思考に傾きやすくなる。

大企業でもなんでもない、毎年ピカピカの大卒や新卒が入社してくるわけでもない、ただの田舎の地方の、中小零細だよ。この国に大多数を占める、吹けば飛ぶような零細だよ。
今いる面子で毎年毎年歳を重ねていくだけで、卒業までクラス替えのない中学校みたいなものだ…。

我々は一体なにをやっているのだろう…。

それと、どんな集団でも組織でも構わないけど、ちゃんと物事が「見えている」人って少ないよねー。


たまには大人のアニメでも見て寝よう。

浮き世は、辛いよ。

寝る。