クロスケ日記 105日の日々

どこにでもいる三十路のしょーもない賃労働者の日々の記録です。他愛もないことばかりですが、カメラ、小説、映画のこと等少しずつでも続けていけたら。

これはパワハラではないのか

ベテラン社員より、あの件はどうなってる?、と聞かれた。

しかし言われた内容はよく考えると、これってパワハラでない?というものだ。

要は、就業規則にも載っていないことを、就業時間外にプライベートの時間を犠牲にしてまでやらなくてはいけないってどういうことだよ、と。
一見すると、もっともらしい大義名分を盾にしてさ。
しかも会社が業者さんに委託していることを。

業者さんにお願いするとお金がかかるからだろう。
だからお金のかからない従業員にやらせる。

規模の差こそあれ、この国みたいだな。
本来は社会保障など社会全体で支えていかなくはならない問題等々を、【絆】といういかにも聴こえが良い言葉を使い、個人個人の問題に責任をすり替える様に。

奉仕精神は美しい、と。

ホント、頭にくるわ。
しかも、そんな権限の無い人間に言われると余計にね。

上場企業でもなんでもないのに、何も言えない雰囲気で、みんな揚げ足を取られて責任を押し付けられるのを恐れている。
毎年毎年、新しい人材が入ってくる訳でもない。
変化の無い、クラス替えの無い中学校みたいなもんか。

…もしかしたら、今のこの時点で何十年後かの結末は、もう決まっているのかもしれない。
ま、仕方ない、結局は自分達が選んだ結末だ。




普通にしているだけなのに、嫌われる人間がいる。
それが俺だ。
普通にしているだけなのに、何故か生意気に見えるのだろう。

は、俺もお前らも同じ人間だ。
俺とお前らのどこが違う。
なにも変わりゃしないんだよ。

大人の動画見て寝る。