クロスケ日記 105日の日々

どこにでもいる三十路弱小会社員の日々の記録。他愛もないことから、写真・カメラ(Canon、時々FUJIFILM、PENTAX)、小説、映画、旅行とか。

なんてことは言わない

泊まりがけの業者会の研修が終わり帰宅。
研修では一回り近い年下の若手と組んだのが、自分のコミュニケーション能力がダメなのか、頼りないと思われたのか、考えていることがよくわからないまま終了した。大人しい子だった。

名前だけは聞いていても、ほとんどお目にかかったことがない業者の方もいて、それは刺激になったなー。

若手を間近で見て、「だから若いのは駄目なんだ、俺たちの若い頃は…」なんてことは言わない。
「今の若い子たちには、わかるまい」とも言わない。
誰もが生きる時代を選べない。
生まれ落ちた世代を楽しみながら、懸命にしのいでいくしかない。
自分はまだそこまで老害ではない、と思いたい。


そして、更新されているブログをほとんど読むことが出来ず、落ち着いてから一気読み。




サザンオールスターズの、「闘う戦士たちへ愛を込めて」がとても良い!

自分は大企業の人間でもメガバンクの人間でも、なんでもない。
とりたてて取り柄のない、地方の中小零細企業の労働者でしかない。

それでも、明日はくる。

「しんどいね 生存競争(いきていくのは)は~♪」