クロスケ日記

どこにでもいる三十路のしょーもない賃労働者の日々の記録です。他愛もないことばかりですが、少しずつでも続けていけたら。

小銭入れ

今週のお題「カバンの中身」

社会人になりたての頃、
初めて上司になった男性が小銭入れに鍵を入れていて、ワンコインで会計しているの度々を見るにつけ、それがとても格好良いことのように思えた。
小銭入れをさり気なく使う男になりたい、と勝手に誓った。
そしてカバンにはいつも小銭入れが。

小銭入れデビューは、
スナップボタン式のタイプ。
カッコつけて、自動販売機で缶コーヒーをよく買ったものだ。
あいたたたたー。

その後、Paul Smithのファスナー式のもの等を使い、
今は某ブランドの小銭入れを使用している。
そこそこの大きさで、かなり気に入っている。

ただ、社会人なりたての頃の、
スーツを着こなしている先輩社会人が実にさり気なく、小銭入れを使用していた感じは、意外と記憶に残っている。


ま、自分の身の回りのものに気をつかえるだけ、
恵まれた環境なんだろうけど。

寝る。

帰郷 読書

地元に帰り、ダラダラグータラ。
高校野球を見て、つい公立校頑張れ〜と応援してしまう。
親は確実に歳を重ねている。
年々顕著に感じる。
俺だって確実に歳を重ねている。
俺はどんな大人になっていくんだろう、と考えるときもある。

買ってから読んでいなかった本をだらだら読む。
ミートザビート/羽田圭介
女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと/西原理恵子

ミートザビートは、個人的には読みづらかったけど、これが若者の青春なんだろうなぁ。
この感覚は、もう2度と帰ってこない。
ただ、大人は大人で楽しいよ!

西原女史は流石、読ませる!
今回も名言があるなぁ。
「つぶれない会社、病気にならない夫はいない」
「あなたの頑張る気持ちにつけこむのは暴力です」
もう、言葉にならないものを言葉にしていて、非常に感じるものがある。

そして、N○Kで放送する、戦中の愚策、インパール作戦特集を見よう。
今の現代で、これらを笑うことはできない。

帰郷

一人旅から無事帰宅。

北関東の埼玉、栃木を小旅行。
歩いたぜ。ふう。
宇都宮といえば餃子、ということなので、
とりあえず【宇都宮みんみん】へ。
事前に聞いていたけど、行列がすごい(汗
水餃子が良かったなー。

旅行中にN○Tの下請け業者と電話でやり取りしなければならない時があった。
しっかし、相手の口調が生意気だったな。
お前にそんなことを言われる筋合いはねえんだよ、ということまでペラペラと。
営業だからか、人の懐に飛び込んだつもりになってるのか知らんが、かなり不愉快だ。馴れ馴れしい。
ずっと前も同じくN○T関連業者の営業の口調が慇懃無礼で腹が立ったのを覚えている。
くそぅ。

ま、考えると不愉快になるから気持ちを切り替えて。


会社では、人が去っていく。
自分が生き残る為に、下を犠牲にする人間はどこにでもいる。悪意は突然身にふりかかる。
自分の能力を高めるしかない。
結局のところ、コップのなかで争っても、
潤うのは経営陣なんだから。


さて、実家に帰るか。
故郷では、巨乳の幼なじみが待っている、

そんなわけない。


なんも予定のない社畜(泣)

夏休み

夏休みじゃ。

小旅行に行って、後は実家でダラダラしよう。

こんな時、彼女とか仲の良い女友達がいたらなぁ、と痛切に思う。

だけど、いない、ということは自分がそういう人生を選んできたということでもある。

くそ、リア充になりたかったよ。

さて、買い物行こう。

夏祭り

仕事帰りに、地域の夏祭りにふらっと参加してみた。
大都市の、物凄い人混みの夏祭りより
こういう自治体の夏祭りも好きだ。
モツ煮、焼きそば、フランクフルト。
旨し!
輪投げも久しぶりにやったよ。
意外と難しかった。

その土地に生活の根をおろしている人達が
思い思いに楽しんでいる感じ。

う〜ん、いいな、この感じ。
時間がまったりと流れていく感じ。

帰宅後

帰宅後、ずっと気になっていた台所周りの掃除を敢行。
男の一人暮らしの部屋は気を抜くと伏魔殿になってしまう。
賞味期限○年前のものが出てることも珍しくないのでは。
いやー、片付くとスッキリする。
そりゃ九時五時で帰宅できて、寝るためだけに部屋に帰る社畜とは部屋の様相は段違いだろうよ。
こちとら、女の子なんて呼べないぜ。
呼ぶ相手もいないけど(泣)

うん、時間は効率よく使わなくては。


同僚が何人か去っていく。
会社を去る、ということはそれぞれ思いはあるはずだが、共通の認識としてこの組織に人生を預けられない、魅力がない、ということだろう。
2代目になる予定のボンは、賢いとは思うのだが残念ながら人がついて行こうと思わせるものが見えず、責任は取りたくない、でもお金はたくさん欲しい。女遊びもまだまだ足りない、という態度が透けて見える。

典型的な3代目が会社を潰す、の道を歩んでいるんだろう、な。

組織は組織として、自分から切り離していったんよく考える時期なのかも。

野菜をもらった。
台所も片付いたし、料理でもしよっと。

上手くいかん

思いつき古いノートパソコンのHHDをSSDへ換装しようとしているのだが、SSDに取り替えると立ち上がらない。
ネットでいろいろ検索してみると、同じ様なことで悩んでいる方が散見される。
簡単にできた人とドツボにハマった人がいて、
どうやら私は後者になりそうだ。

いろいろなサイトを読み、試してみた。
BIOSで読み込むドライブの優先順位も設定したけど駄目。
バックアップソフトでクローンを作ったのだが、
そのクローンがいけない可能性が高い。
どうやら一度SSDを初期化できる様なので、ソフトを変えて再挑戦してみるか。

ま、最初から上手くいくなんて、思っちゃいない。
何事も、そんなものだ。
ふう、上手く起動できるといいな。