クロスケ日記

どこにでもいる三十路のしょーもない賃労働者の日々の記録です。他愛もないことばかりですが、少しずつでも続けていけたら。

体調快復

体調をくずしていたが、
かなり快復。

毎日、代わり映えはしないが、
振り返るときっと貴重な1日なんだろう。

夏だね。
予定が無い!
予定は自分で作らなきゃだね。

眠い。
もう寝る。

夏風邪

体調不良の為、さっさと職場を後にする。
あー、夏風邪かな。

明るい時間に帰ると、
街が賑やかだ。
帰宅しているサラリーマン、OL。
下校途中の学生たち。
これから友達の家に遊びにいくなか。
社会人は、仕事帰りにデートだろうか。
年配のサラリーマン風の男性は、
眠そうにバスを待っている。

こんな当たり前の光景を忘れてたよ。

仕事内容は変わっていくだろうけど、
毎日毎日、同じことを繰り返し、
ときに少し衝突があったり、
コップの中の権力闘争があったりして、
歳をとっていくんだろう。

そんで、楽しかったときの思い出を振り返り、
誰にも話すことはないけれど、
あー俺もなんだかんだ言って、
それなりに生き延びてきたんだなぁ、と
感じ入るんだろうなぁ。


体調が悪いとセンチメンタルな気持ちになるね。


快復したら、写真でも取りに行こう。

切なくなるぜ

漫画とDVDを借りに某お店へ。

ふらっとアダルトコーナーに入り、
見るとはなしにぶらぶら。
日曜日の夜。
世には、このDVDに出てくるようなことを
楽しんでいるカップル、夫婦が
いるんだと思うと、切なくなってくるぜ。
耽溺したいよ、ほんと。
そんで、人とほとんど話してないよ、俺。

なんで、こうなってしまった。
コミュ障には、生きづらい世だよ。

絶対に生き抜いてやるけどね。
ただ、人生の楽しみを大幅に失っているような気がするけど、深く考えちゃいけない。


大人なDVDは借りてない。

雨の日は

雨の季節。

日本は、雨に関する言葉がいろいろあるね。
五月雨
小糠雨
やらずの雨。

こういう感性を大切にしていきたい。

ネットで
雨の日の過ごし方の特集したサイトがあった。

そのなかで、この雨を見くびるな、
という曲が出ていたので、
気になって借りて来てしまった。

いいねー。

雨音を聞きながら、
コーヒーを飲みながら、
部屋でゆったりと聴くと最高だね。

その隣に彼女がいたら。。。

くそう。

さー、寝よう。

芯が無い

ここ最近、
ブログを書いていなかったな。
忙しいを言い訳にしてはいけないけど、
いかんいかん。

俺のような芯が無い人間は、
人間関係で挟まれると、
しんどいねー。
仕事の人間関係はきっついねー。
自分の考えがないから、
どっちにもいい顔をして、
どっちの意見も聞き入れてしまう。

あなたを祝えば此方の怨み、
というけれど、
嫌われるのが怖いんだろうな。

自分の芯があれば、
ブレないで済むのに。

勝手に常連と思い込んでいる飯屋でも、
あんた弱そうだもん、
と言われる始末。

こんな人間は、どうすりゃいいんだよ。
くそ。
戦い続けるしかない。

気持ちなのか

昔から語られ、
これからも語られていくであろう
サラリーマンのある命題。

仕事ができるっていうのはどういうことなのか?

なんか男女の友情が成立するかどうか、
みたいな古今東西共通の話題でもあるような気がする。

使われる立場の労働者が、
経営者でもないのに、
利益を享受できるわけでもないのに、
会社の目線でものを
考えるのも少しおかしい気もするが。


話は戻って、
社内の仕事ができる人と昼飯を食べていて、
冒頭の話になった。

年齢とかはあるかもしれないが、
仕事を覚えようとする気持ちが1番大切らしい。
学校の道徳の時間の話みたいだが、
ある意味真理なんだろう。
あと思うのが、おかしいことをおかしいと
感じることができるセンスだと思うよ。

は、結局は気持ちに繋がるのか。


それと個人的に嫌いなのが、
たまに聞く、「後がない人」の方が真剣に働くという論理だ。
これは、資本家の思うつぼだろう。
使う側にとっては、都合の良い労働でしかない。

今年ももう半年経ったよ!
彼女欲しいなー。

夕べの散歩

思い切って買ったスピーカーが
とても良い!
音楽を聴くのって、テンション上がったり、
よしやるぞ!って気持ちになったり、
良いもんだね〜。

夕食を食べ、
家までの間、
少し散歩。

暑くもなく寒くもなく
風が心地良い。

ゆっくり住宅街を歩く。

こういう時間も好きだ。


音楽流しながら、仕事するぞ。
社畜だ!