クロスケ日記 105日の日々

どこにでもいる三十路のしょーもない賃労働者の日々の記録です。他愛もないことばかりですが、カメラ、小説、映画のこと等少しずつでも続けていけたら。

自分のプライドは置いといて

一つの組織に長くいると、怒られる事や他者の悪意に晒される機会が減る。

無駄に社歴だけが長くなり、
うん、少し打たれ弱くなっていた。
仕事中なんだから自分のプライドはひとまず置いといて、どうすれば目の前の事が片付くのかだけを考えればいい。

他者の悪意に晒されたときの切り返し方、我慢のしどころ、気持ちのあり方をもう一辺再確認するか。

大人の動画見て寝る。

これはパワハラではないのか

ベテラン社員より、あの件はどうなってる?、と聞かれた。

しかし言われた内容はよく考えると、これってパワハラでない?というものだ。

要は、就業規則にも載っていないことを、就業時間外にプライベートの時間を犠牲にしてまでやらなくてはいけないってどういうことだよ、と。
一見すると、もっともらしい大義名分を盾にしてさ。
しかも会社が業者さんに委託していることを。

業者さんにお願いするとお金がかかるからだろう。
だからお金のかからない従業員にやらせる。

規模の差こそあれ、この国みたいだな。
本来は社会保障など社会全体で支えていかなくはならない問題等々を、【絆】といういかにも聴こえが良い言葉を使い、個人個人の問題に責任をすり替える様に。

奉仕精神は美しい、と。

ホント、頭にくるわ。
しかも、そんな権限の無い人間に言われると余計にね。

上場企業でもなんでもないのに、何も言えない雰囲気で、みんな揚げ足を取られて責任を押し付けられるのを恐れている。
毎年毎年、新しい人材が入ってくる訳でもない。
変化の無い、クラス替えの無い中学校みたいなもんか。

…もしかしたら、今のこの時点で何十年後かの結末は、もう決まっているのかもしれない。
ま、仕方ない、結局は自分達が選んだ結末だ。




普通にしているだけなのに、嫌われる人間がいる。
それが俺だ。
普通にしているだけなのに、何故か生意気に見えるのだろう。

は、俺もお前らも同じ人間だ。
俺とお前らのどこが違う。
なにも変わりゃしないんだよ。

大人の動画見て寝る。

天地がひっくり返っても

f:id:haretaraiinaa:20180423234503j:plain

お出かけついでに、花を撮ってきた。
メインは芝桜。

家族連れやカップル、1人で来ている女の子も見かけた。
女の子に声をかけようか、と思ったが思っただけで、とてもそんなことをする度胸も無い。

同級生で、東京の某所で片っ端からナンパしていた男がいたが、まったく成功していなかったと聞いた。
ならば、こんな挙動不審な気持ち悪い男がいくら声をかけたところで、天地がひっくり返っても奇跡は起こらないだろう。

は、自分で言ってて悲しくなるぜ。


カメラの重みを感じつつ、マクロレンズで楽しんできた。
ベタだが水滴も撮りたいな。
風に吹かれ、花が揺れていた。
風に吹かれ、汗ばんだ体に心地よい。
あー、楽しかった。


花柄が似合う女性は色っぽいね。
あー、変態だな。


大人の動画見て寝る。

近づく大型連休

世の、大多数のサラリーマンにとっては嬉しい大型連休が近づいている。

非モテ独身リーマンはというと、ちょっとした外出とちょっとした用事しかないよ。
悲しい程に、休日は人と接しない、会話しない。
これは意外とキツイのだ。

モチベーションを保つのが難しいよ。
資格勉強でもするかなー。
資格を持っているからって、絶対安泰なんてことほないのだけれど。
歳を重ねるごとに、この世の中には確かなものなんて、なに一つ無いんだと思い知らされる。
当たり前の明日が絶対くるなんて保証はどこにもない。

諸行無常、というやつだろうか。
だからこそ、刹那的なものを人は求めるのかな。

大型連休中、写真を取りに行きつつ、大人の動画を見まくろうか。
絶対1日で飽きるだろうけど。

今話題の、超エリートが出会い系で身を崩す、なんて話を笑うことは出来ない。

社会にサイコパスが一定数必ず存在する様に、大人になりきれない男も一定数必ず存在する。

若い時にもっと女の子と会話しておけば良かった。

休日のカバンの中身

今週のお題「カバンの中身」

コミュ力なし、彼女なし、将来の展望無しの三十路の休日のカバンの中身を書いてみる。

基本的に吉田カバンを使用。
たまにカメラカバン。

中身と言えば、
財布、スマホ、小銭入れ、文庫本、メガネケース、ウォークマンティッシュ、ボールペン、Suicaカード。
たまにコンデジ
自分でもメモ魔だと思うが、気になったことや何気なく思い出した事をボールペンで書きまくっている。そして、それを日常生活で絶対に目にする箇所に貼っている。
凡人は忘れっぽいんでね。



総じて、なんて面白味の無い中身なんだろう。
大多数の独り身の男のカバンなんてこんなもんてしょう。

財布といえば、元カノからもらったものを長く使っていたなぁ。

女々しいぜ。
そんな夜。

大人の動画見て寝る。

生きることと家

プリンセスメゾン 5 (ビッグコミックス)

プリンセスメゾン 5 (ビッグコミックス)

この漫画がとても面白い。

家、マンションを巡る人間の人生模様が展開される。
生きるということと家の関係は切り離すことはできないな、とつくづく思う。

多分、今よりもっと若い時に読んでいたら、ふ〜ん、くらいの感想しか持たなかっただろう。
今、少しだけ歳を重ねた身で読むと、涙腺が緩む。

いやー、主人公も肝がすわってるが、一話完結で出てくる人達の人生模様も追体験でき、とても良い。

コマ割りも、ぐっと心を引きつける。
一気読みしてしまうね。


金曜日。今日を乗り切れば休みだ。

乗り切るぞ。


『毎日のほんのささいなことを、キラキラした目で見てるの。恋してなくても毎日を楽しむことはできるんだって、孤独が心をむしばむことなんてないんだって、彼女が教えてくれたんです。』

ラインで

自身の精神的幼さを暴露する。

ここ最近、知り合いが開いてくれた飲み会で知り合った女性と、少しだけラインをしていた。
(女性ってライン打つの速いね。そのスピードについていけん。打つのが早いのではなく、自分の会話能力の無さが1番の原因)

学生時代、女性とほぼ接点の無かった自分からすれば、女性とプライベートのメールやラインって、からっぽの自分がバレるから少し嫌な部分もある。
(この文だけでも、いかに女性と接点が無かったか理解できるだろう)

案の定、圧倒的に低い経験値により、女性の逆鱗に触れまくり、地雷を踏みまくり(何故女性が怒っているのか理解できない箇所も多数)、言外の意味を汲み取れず、あっけなく切られてしまった。
しかしよくよく考えると、え?それって少しおかしくないか?という点はおおいにあった。
こちら側だけがすべて悪い、というのはおかしい。

しかしここで思ったことは、
ラインとはいえ女性と喧嘩するまで成長したんだなぁ、という名状しがたい変な感情だった。
あぁ、キモくて申し訳ない。

こういう誰でも経験する当たり前のことを
さも一大事の様に感じてしまう感性に軽い自己嫌悪。


10代の若人。こんなオッサンになってはいけない。

大人の動画見て寝る。