クロスケ日記 105日の日々

どこにでもいる三十路の弱小サラリーマンの日々の記録です。他愛もないことばかりですが、カメラ(Canonユーザー)、小説、映画のことを少しずつでも続けていけたら。

生演奏に触れ

社会人で、家庭と職場以外の世界を構築している人はとてもかっこいいと感じる。

そしてそれは一時のものではなく、繰り返される日常の中でも連綿と続く意思の力にも思えて憧れる。

 

 

いつもブログを読ませていただいている、ずずずさんのライブにお邪魔してきました。

生演奏です。凄い迫力です。

ブログで趣味をとても楽しんでいる様子を読み、心のどこかでそのエネルギーに触れたいと感じ、ライブに行くという行動に結びついたと思っています。

事前に行くとは言わずにお邪魔してしまったのにも関わらず、快く対応してくださり感謝です。

 

www.wakabkx.com

 

そして実際にずずずさんといろいろとお話しし、書かれているブログから受ける印象の通り、聡明な方だと感じました。

言葉を選びながら話される、お酒が似合う大人の男性です。

 

f:id:haretaraiinaa:20190318214205j:plain

 

ライブでエネルギーをもらい、大人の男性の活力に触れ、ほんの少しだけでもいいから自分の世界を広げようと思った、そんな素敵な夜でした。

 

 

 

 

-------------------------------------------

また1週間が始まった。日本全国のサラリーマンのなんとも言えないため息が聞こえてきそう。

今週も乗り切るぞ。

寝る。

 

 

余談。

今の今まで、はてなブログの「言及」機能というものをよく理解していなかった…。

ブログにはこういう機能もあるのか。

気が利かない人間はどう生きればいいのか

世の中には気が利く人間と、空気が読めず気が利かない人間がいる。
人間が発明したここ最近の最大の道具、インターネットで検索してみると生まれ育った家庭環境に大きく起因するようだ。
人との関わり少ない環境も影響するようだ(小さい子供は、生まれ落ちる環境を選ぶことは出来ないが)。

自覚するのが遅すぎたが、最近自分が後者の人間だとようやっと自覚出来てきた。
いや、自分では気が利く方では無いけど、そこそこだと思ってたんだよね。
いやあ、現実は残酷なもんだ。
自分でそこそこ良いと思っている事って、客観的に見ると大体ダメなんだよね。

とくに「お水」あがりの人間の、貫禄と存在感と発言力が増してるのが違う部署から聞こえてくると、特に感じる。
気が利き、周囲に対し自分の力の見せ方が上手い。

気が利かない人間はどうやって生きていけばいいのか。
自明である。
茨の道を、痛みを伴いながら歩き、少しずつ自己を軌道修正していくしかないのだろう。
今抱えてる問題が突然、霧散することはありない。
そんなご都合主義なことは、現実では絶対に起こらない。

特に、下の上くらいの家庭環境で育ち、下の下から上くらいの資質しか持たない人間は。

それとも、真面目に考えすぎか。
1度きりの人生、ほどほどにやり過ごし、自分のやりたいことに没頭することこそが独り身の男の幸福なのか?

いや、それが器用にできんから、思い悩むんだ。

30過ぎのおっさんの悩みとは思えない、青臭い思考展開。

明日に備えて、寝る。

大仕事も終え

非モテのおっさんが、チョコのお礼を返すという今月最大のミッションは無事に終わった。

ふー、非モテコミュ障おっさんには大仕事だった。

にい●まは、妙に艶やかで想像力を刺激する。

 

リア充たちは、今日は仕事終わりに待ち合せしてイチャイチャしているんだろうか。

諸行無常

許しがたいぜ。

赤い涙を流しちゃうよ。

 

身体が芯から震えるような寒さの季節は終わり、柔らかい日差しの下で花を愛でる時を経て、やがて殺人的な暑さの夏がまたやってくる。

季節はくるくる回る。

その流れの中で自分だけが取り残されていくような感じだ。

歳だけは確実に積み重ねていく。

 

大人の動画を見て寝る。

 

f:id:haretaraiinaa:20190314214115j:plain

平日の白き日

そうか、明日はホワイトデーだ。

今年は奇跡的に、義理のチョコレートを頂いた。

義理とわかっていても、いろいろと反応してしまう自分に、男って馬鹿だよなぁ、と苦笑い。

頂けたのは日頃の行いが良かったから、と思いたい。

だって、学生の頃は母親からしかもらったことなかったんだもの。

思い出すだけで、本当にしょうもない学生時代だったなあ。

今更嘆いても、しょうがない。

 

チョコレート業界にお布施の意味もこめて、感謝の気持ちを持ち、返礼しなければ。

 

そして、これ以外にはとくに日常でイベントがない。

毎日、起床、出勤、労働、社内のコップの中の嵐にもまれ帰宅、睡眠のサイクル。

 

 

おもしろきこともなき世をおもしろく。

 

無学の自分でも知っている、有名な言葉。

すべては気持ちの在り方次第、ということか。

 

今は絶賛、気持ちを立て直す習慣実施中。

 

美味しいものを食べて、笑って、感動して涙を流して、なんでもないことに一喜一憂して。

 

あ、先ずは一緒に食事にいく相手を見つけなきゃ、だね。

 

一肌恋しい。

寝る。

 

庭と気持ちを立て直す

昨日は汚い言葉を使って愚痴ってしまった。

だけどここは普段誰に見せるわけでもない、自分の感情を吐き出すために作った自分の庭とも思っている。

格好付けても仕方ない。
本音と建前。 現実社会もネット社会も変わりはしない。
さすがにここには書けないこともいっぱい頭の中に浮かんだけれどね。




そして試験落ちた。
おそらく落ちた。
どれだけ過去問を解こうが、どれだけ頑張りましたと言おうが、結果が全てである。

受からなければ、無である。
過程や努力は受かってこそ、報われる。

受かることによって、少しでも社内で立場を確立したかった。優位に立ちたかった…。

今週は気持ちがぐちゃぐちゃである。
今週は気持ちを立て直すことに費やそう。

幸い仕事は谷間。
これは、雇われる側の考えだけど。

今のうちに気になっている映画や本やエッセイでも見ておこう。

立て直す。

愚痴

これは完全な愚痴。
自分の気持ちを軽くする為、やり場のない感情のはけ口の為、源泉が自分でもわからない怒りを発散する為、だけに書く。















時間はつくるもの、という言葉が大嫌いである。とても大嫌いである。とにかく嫌いである。
実際忙しいのに、忙しいと言ってはいけない空気も大嫌いである。
「時間をつくらざる」を得ない状況に追いやっていることこそが、そもそもの元凶なのに。
しかも、その元凶は悪くなく、さもこちらの時間の使い方がいけないような「時間はつくるもの」という論理。
ものすげー不愉快。一見、平等に思わせて全然平等じゃない。悪平等だ。欺瞞、詭弁。


ブログのタイトルにもなっている「105日の日々」の105日は、労働基準法に触れない最低休日日数の事。

詭弁やお為ごかしにより、長時間労働の末、日々ギリギリの日数で身体を休めている、全国の中小零細企業のサラリーマン…、いや賃労働者の皆さん、ぜーーーったいにじぶんを責めないで。

あなたは懸命に日々をしのいでいる。



家族と過ごす当たり前の時間、自分を高める為に何かを学ぶ時間、当たり前のなんでもない時間。
長時間労働によって日々、奪われている。

くそったれめが。
くそくそくそくそ。

思いもしない出来事

思いもしない出来事がやってきて、迎撃態勢をととのえる間も無く対応しなくてはいけないのが人生ってやつで、日常なんだろう。

いや、人生は言い過ぎか。

前に、まだ人生を語るには早い、とたしなめられたばかりだし。

無性に、大仰に表現したくなるときがある。

日々を積み重ねるしかない。

近道はない。

 

脳をフル回転して、疲れた。

頭がふわふわしてる。

 

こんなとき彼女がいたらなあ、と思う。

いや、これは甘えで、完全に独り身の男の独りよがりファンタジーだ。

今いる環境は、結局は自分の実力を表れである。

仕事も、異性関係も。

 

 

いまはただ寝る。

 

いつかの桜。データがあった。

今年も桜を愛でよう。しだれ桜もいい。

f:id:haretaraiinaa:20190310194818j:plain

f:id:haretaraiinaa:20190310194904j:plain