クロスケ日記 105日の日々

どこにでもいる三十路の弱小サラリーマンの日々の記録です。他愛もないことばかりですが、写真・カメラ(Canonユーザー、時々FUJIFILM)、小説、映画のことを少しずつでも続けていけたら。

準備は大切な話

 スマホをいじっていたら、下のサイトにたどり着いた。

 流し読みでしたが、ちょっと面白かったので。

ueno.link

 

いずれ起こることが自明であったり、容易に想定できることとわかっていても「行動に移せない」のが人間でもあるのかな、と。

通勤途中の少しの時間や、仕事終わりに1時間でもいいから勉強を続けていけば、それなりの時間を確保でき成果を出すことができる、と容易に想像できる。

だけど「わかっていても実行に移せない、準備できない」のが人間だよね。

この記事で言うと、私はどっち側の人間だろう。

 

社内で「段取り8割」とよく言われる。

段取りさえしっかりしていれば、仕事がはじまってもどうにかなるものだ、ということである。ほかの業界も同じだと思うけれど、段取り大切。

 

 

私は吃音者である。そういう意味では、より「準備」しなくてはいけない人種でもある。

個人的観測になるけど、吃音者は働く上で、というより職業選択の段階である程度の取捨選択に迫られる。現実を受け入れなければならないこともある。

もちろん、非吃音者であっても、そんなのは当たり前のことだろう。出自、生まれ落ちた地域が都市部か僻地か、学歴、人的資本に恵まれたか、文化資本を引き継ぎ蓄積していける環境だったかなど、要因は無数ある。

 

吃音者の場合、軽度か重度かによるが、どんなに志が強くても、

 

・吃音で言葉がでないことによって、人命の危機や、事故に直結する職業

・言葉を巧みに発し、臨機応変な高度なコミュニケーション能力が求められる職業

 

の様な職業につくのは難しいかな、と。

 

前にもブログで書いたな。

そのときの日記。

 

haretaraiina.hatenablog.jp

 

 

私は本当にいろんな運に恵まれ、社会人として働いている。

めちゃくちゃ下駄を履かせてもらえば、いわゆる「専門職」である。

孤独でも、考えて対策をたて「準備」し、自分の居場所で戦っていくしかないのだろう。

 

今日は少しばかり吃音によって、自分で自分を見捨ててしまうような気持ちになってしまったから、自戒をこめて。

 

また、言うまでも無いが私は非モテである。キラキラとはまったくもって無縁である。無縁である。

ラブホテルから出社するようなことを一度でもしてみかたった。

馬鹿みたいな願望だが、「やっべ、会社いかなきゃ」とあわてて出社するようなことを一度でもしてみたかった。

もう叶うことはないのだろうか。

 

寝る。

 

まだ少し残っている

音楽を流しながら、PCに向かっている。

もう少ししたら出かけよう。どうしようかな。

 

まだほんの少し仕事が残っている。

今週の自分の予定などを逆算していくと、今日やらないとまずい。

 

お気楽極楽の独り身のとはいえ、何が楽しくて生活しているのか。

 

夜作業していると急に部屋の掃除をしたくなるね。

 

もう少しだけふんばって、今日はだらだらする。

 

f:id:haretaraiinaa:20190916130752j:plain

季節の変わり目だから

午前中、少し用事と買い物を済ませ帰宅した。

 

身体は強い方ではない。

季節の変わり目だからだろうか、身体の調整がいまいち。

少し昼寝のつもりで横になったら夕方になっていた。

それから覚醒して、近所の定食屋さんへ。

冷やし中華がうまし。

 

これから仕事の前準備をするため、PCに向かう。完全に自己満足でもある…。

我ながら社畜だなー。独り身だから出来ることだ。

まあ、漫画読みながら、ラジオ聴きながら、音楽聴きながら、お気に入りのセ●シー●優の動画見ながらだけど。

 

度々ブログで書いているように、この生活がずっと続くと思っていない。

世は常に移ろい、新しいテクノロジーだってどんどん現れ、技術革新が起こりその技術について行けなくなる日だってくるだろう。

親だって自分だって、もっと歳を取る。

人間も住んでいる建物も経年劣化し、陳腐化していく。

 

じゃあ、何が出来るんだよ、となると、結局は流れに身を委ねるしかないのだろうか。ちょっとばかりは足掻くことは出来るんだろう。

 

仕事の前準備でもしよう。

自己満足だけど…。

 

なんど味わっても慣れない

連休前の週末。独り身の週末。

何がつらいって、これから遊びにいくと思われるカップルを見かけること。

レンタルショップで、これから部屋でDVDを観てまったりするだろう男女連れを見かけること。

これまで数え切れないほど週末の寂寥感と戦ってきたが、なんど味わっても慣れることはない。

 

テレビをほとんど見ない人間。

見るのは朝の天気予報と夜帰ってきてからの報○ステーションくらい。

あ、あとはノンフィクションのドキュメンタリー(でもテレビだから台本あるんだろうけど)や災害時の報道くらいか。

休日も、部屋ではテレビはまったく見ない。天気予報はスマホとかで確認できるから。

 

好きな小説家のラジオはよく聴く。聞き逃したときはradikoで聴く。

 

通勤途中、ZOZOがヤフーの子会社になったとラジオで聴いた。

ラジオの司会とどこかのシンクタンクらしい解説者のやりとりを聴きながら、通勤した。

億単位のお金が動くのだろう。

昼飯を少しでも節約しようと思っている小市民には別世界だ。

自分はいつか億のお金を扱うような人間になれるのだろうか。

なんつって。

 

Amazonで買い物したり、ドラッグストアで日用品を買い物したり、そんないつもの週末。

人肌恋しい。大人の動画は麻薬や。

 

寝る。

 

f:id:haretaraiinaa:20190913232328j:plain

書きたいことはあるけど、特筆すべき事はない

書きたいことがある。
しかし、「現実の問題」は現実で向かい合い、解決に促したり、待ったりしなければならない。
現実で出来ることをしていくしかない。
なんて格好付けても、うだつの上がらな非モテ男に出来ることは限られている。
こういうとき、ブログは曖昧な書き方しか出来ないのがなんとも。
だって、ここまで読んだ人は「こいつは何を言いたいのかさっぱりわからん」でしょう。


映画「タクシー運転手 約束は海を越えて」を観たが、とても良かった。
一度でも行ったことがある国の映画を観ると、妙に感情移入してしまう。


今年も彼岸花を撮りに行きたい。
カメラはお金がかかる趣味のひとつ。
レンズ、カメラ鞄、ストラップ、凝ると奥が深いらしい三脚、レフ板、予備バッテリー、防湿関係、フィルム代、現像代などなど。
ブログやネット記事でいいなと思うボディを見かけると欲しくなったり。
ふふ、プロでもなんでもないのにねー。
ただのしがない会社員のド素人の片手間なのにねー。

遊ぶ為にも働き、自分を少しずつ磨いていくしかない。
たとえそれが牛歩の歩みでも…。

資格試験、より厳密に自己採点してみた。
受かるか落ちるかは、配点次第のようだ。
どっちに転ぶか。

大人の動画見て寝る。

入れ替わっていようとも

台風が関東に大きな被害を与えている。

 

このご時世SNSやブログで今まで散々書かれているが、そこまでして出社しなくてはいけないだろうか。

もはや「悪戦苦闘しながら出社し、たどり着く」という行為そのものに価値を見いだすのは、時代錯誤でしょ。

携帯電話・スマホ・メール・クラウド・チャットアプリ、その他文明の利器があるんだから、それらを活用すれば多くのことは解決するのではないだろうか。

もちろん、会社にいかなくては出来ないことが多々あるのは非常にわかる。

大企業や革新的な組織で働いたことはないけど、地方の狭い人間関係の中の組織で悩んでいる人の気持ちは想像出来る。

 

え?わたくし?

地方の零細企業の社畜はいつ何時風前の灯火になるかわかりません、そしてアピールしなくてはいけません。

 

出社しましたとも………。

もはや、「目的」と「手段」が入れ替わっていようとも!

 

 

帰宅後、この前受けてきた試験の自己採点をした。

まだしっかり細かいところを確認したわけではないが、合格ラインギリギリを上回った点数だと思う。

受かっているかもしれないし、落ちているかもしれない。

 

いちいち落ち込んでも結果は決まっているのだから、次のことに向かって心と体を動かすことにする。

 

当面のささやかな夢は、仕事終わりに女の子とご飯に行くこと。

 

寝る。

山場をこえて

9月になり、もう1週間が経ってしまった。

仕事でもプライベートでもひとまず山場をこえた、と自分では勝手に思っている。

仕事、といっても地方の中小零細企業の労働者の範疇になるけれど、たまには胸張ったって良いじゃない良いじゃない。

プライベートでも、いまの自分の力を出し切ったつもりだ。

今は、ほっと一息する時間。

 

「経営者の孤独」という本を読んでいて、とても良いなと思う文章と出会った。

経営者の孤独。

経営者の孤独。

 

 

【 「信頼」はするけど、「信用」はしない 】

この言葉は経営者だけでなく、人間関係全般に言えることではないだろうか。

自分も「勝手に信用していた」からこそ意味も無く傷つき、相手に「こうあるべき」と理想を望んでいたのかもしれない。

 

性格がとても嫌な人間で、しかしある部分の能力は優れている人物がいたとする。

その人物の「能力」は信頼するけど、その人物は「信用」しない、のように。

 

人間関係でいやだな、と思ったときこの言葉を思い出そうと思う。

 

大人の動画、解禁。

妄想と戯れる。むなしくないもん…。

寝る。

 

f:id:haretaraiinaa:20190908213752j:plain