クロスケ日記 105日の日々

どこにでもいる三十路のしょーもない賃労働者の日々の記録です。他愛もないことばかりですが、カメラ、小説、映画のこと等少しずつでも続けていけたら。

表彰台

有名なブロガーさんの書籍。
あるサイトを見ていたら目に留まり、気になり購入。
パラパラと読んでいる。

当事者による、生き残る為のライフハック本。


私事だが、今の会社に入って最初の頃はきつかった。
本当にきつかった。
言われた簡単な事が出来ず、コミュニケーションも取れず、空気も読めていなかったらしい(これは指摘されて認識した。指摘されるまでそんな風になっていなんてまったく知らなかった。そして、俺のどこが空気が読めていなかったのかいまだにわからないし、俺は何も悪い事はしていないと今でも思っている。実際当たり前の事を言っただけだし、やっただけだ。むしろ社風の方が異常だと思っている。
…あ、こういうとこかな(笑))
一度レッテルを貼られると、「あ、こいつにはこういう態度でもいっか」と思われてしまう。

そして自分は発達障害なのでは?と疑い始めた。
それと同時に、少しだけ自分の居場所が出来てきて仕事が忙しくなったこともあり、専門家の診断は受けていない。
当時のつらい時期、この本があったら多少嫌な気持ちは薄れたかもしれない。
この本の【すべての会社は「部族」】である、は言い得て妙だ。
言い方を変えれば一種の信仰でもあるよなぁ。


最近、「そこまでゴマすりアピールするか?!経営者でもなんでもないのに、あんたは会社の為に生きているのか?」という光景を目の当たりにし、先輩と「サラリーマンはあそこまでやれなきゃいけないよなぁ、生き残れないよなぁ」「そうっすねー」という会話をした。

これも一種の信仰。 
この本でいう、見えない通貨なのだろう。

この本に載っていたとても良い言葉を最後に。

「表彰台が全部埋まっていても、自分のレースを走りきろうと思います。」

亀有メンチ

両さんの街、亀有へ。

野暮用があり、それまではしばし散策。

そんなに撮っていないが、街歩きは楽しい。

 

野暮用も終わり、

有名なのかはわからないが亀有メンチを食べてこの街にさよならをした。

 

f:id:haretaraiinaa:20180617232906j:plain

 

f:id:haretaraiinaa:20180617233529j:plain

f:id:haretaraiinaa:20180617233738j:plain

f:id:haretaraiinaa:20180617233900j:plain

雨の日の見えていない世界

夜の食堂、ファミレスで仕事の資料見たり資格の勉強をしていると同伴出勤らしい男女を見かけるが、
今日は特によく見かける。
こんな田舎地方都市では珍しい。 
…そうでもないか。
ただ仕事と家の往復だから見えなかった世界なのか。

多分、これ以外にも見えていない世界がたくさんある。
その見えていない世界には、もしかしたら自分の価値観を変えてしまうことや、思わぬ方向から刺激を与えてくれる事柄が隠されているかもしれない。
もったいないなと思いつつ、何かを選ぶということは別の何かを選ばないということと分かっていても、無いものねだりをしてしまう。


カメラを持って小旅行に行きたい。
1週間くらい有給を取り、のんびりと小旅行に行きたい。
何も考えず、知らない街を歩く。
あ、グルグルボケのレンズが欲しいと欲しいと思いつつ、中々食指が動かないなー。

雨の日は、雨の曲でも流して、ゆっくり眠ろう。
大人の動画を観ながら。

ついやってしまう悪い癖

ふとした時に、交流が無くなっている昔の知り合いや元同僚に連絡してしまう時がある。
2、3メールのやり取りをして終わってしまう事が大多数だし、アドレスが変わっていたりしてエラーで返ってきてしまうことだってある。

そして、連絡したからといって旧交を温める訳ではなく、心の奥深くにずるい気持ちがあり、頑張っている今の自分をアピールし、不安な自分を「大丈夫だよ、頑張ってるじゃんか」と言って欲しいと幼稚な自分がいる。

さらに、大体の場合、こういう気持ちはなんとなく相手に伝わる。

やり場のない虚しさ。
みんなこの気持ちを抱え、誰かと繋がりたい。


ハローハロー。

過ぎ去った時間を美化し、あの頃に助けを求めても何も解決にはならない。

ただただ、日々が過ぎていくだけ。

あー、欲望に溺れたい。

寝る。

紫陽花を横目に

みをつくし料理帖 八朔の雪を読み終わった。

 

電車で移動中、何かの待ち時間中に少しずつ読み進めた小説。

昔に比べ、読む速度は遅くなった気がする。

シリーズものらしいが、主人公たちの成長が気になる小説であり、

なにより、人間のふとしたときの優しさ、強さに触れたいときに読むと

心に沁みる。

 

時々読ませて頂いている、あるブログで「Voicy」というサービスを知り、

最近聞いている。

「声のブログ」というやつらしい。

夜、灯を消してぼけーっとしながら聞くも良いし、

作業中に聞くものも良いと思う。

発達障害をテーマにしたものを聞いたが、なかなか興味深かった。

 

こういう、自分だけのアンテナでは引っかからない情報、コンテンツ、サービスってあるよね。

そういう他者の嗜好・思考に触れるとき、ちょっとワクワクする他力本願な自分。

 

 

会社では相も変わらず浮いた存在になっている。

上司批判は、あえてしない。

要は俺の要領が悪く、必然的に招いた結果でもあるからだ。

それでも、きっついけどね。

 

 

みんな何を楽しみに、日々を乗り切っているのか気になるよ。

 

あー、映画「万引き家族」が気になるな。

寝る。

 

f:id:haretaraiinaa:20180610213936j:plain

瓦解前夜なのか

相変わらず社内の雰囲気がおかしい…。

どこの会社もこんなものなのか…?

「会社は利益を追求する集団」、「従業員は使うもの」、と言われればそれまでだが、それにしてもおかしい。

人材の適材適所の配置?いちいち歯向かうんじゃねえ、
思い付いたら朝令暮改
体裁を取り繕うばかりで何も決まらない、
机上の理想が先行し現場の実務を軽く考えている、
上層部が下の話を一切聞かない、
名ばかり役職ばかりで組織系統が良くわからない、
実力が伴わない人間に権力ががががが、
ロートルの自分の存在意義のアピールの為に誰かが犠牲になる、
進言しても「いや大丈夫だろ」と聞く耳をもたずバッサリ切られる、
長期的な視野は一切無しのいきあたりばったり、
自分だけは被害者になりたくない、と口が立つ人間、知恵が働く人間が無理難題を誰かに押し付けあい責任転嫁、
現実問題としてそもそも人が育たない、

こうした状況に日々曝され、危険察知能力が研ぎ澄まされる…。


経営の責任なのに何故か従業員が悪い事になる。



これは大企業の話ではない…。
世の中に無数に存在する、零細中小企業の話である。


これをおかしいと思う自分がおかしいのか。
世間知らずなだけなのか。

某国の権力闘争に比べたらかわいいものだが、
これは瓦解前夜ではないのか。


うぅ、弱小リーマンはつらいぜ…。


よく行く、勝手に常連と思っている居酒屋のママ曰く、「人間、食い気より色気が無くなったらおしまい」。
ふ、ネットの大人の動画や画像に反応できるから、多分まだ自分は大丈夫だと思う。
まだ健全な人間だ。

よし、資格の勉強するか。

欲望に忠実になりたい

会社と部屋の往復の日々。
何時間前に出た部屋に戻ってくるだけの日々。

欲望に忠実になりたいものだ。

欲望をちゃんと表す事が出来たら、少しは楽になるかな。

今月、大きなイベントがある。
これを乗り切れば、来月は小旅行だ。

相変わらず、社内の雰囲気は暗い。
一部の頭のいい人間が、無理難題な仕事を下にぶん投げて潰している。



女の子と温泉旅行行きたいなぁ。

寝る。