クロスケ日記 105日の日々

どこにでもいる三十路の弱小サラリーマンの日々の記録です。他愛もないことばかりですが、写真・カメラ(Canonユーザー、時々FUJIFILM)、小説、映画のことを少しずつでも続けていけたら。

感じてしまった月曜日

時々、感じることがある。

意識だけは新人のまま、歳だけ重ねているような気持ちになるときがある。

変化に対応できていない感じ。周回遅れのなにかにしがみついている様な気持ち。

月曜日から後ろ向きなものを感じてしまったー。

 

マイホームヒーローという漫画がめっちゃ面白い。

平穏な人生を生きていたはずなのに、ある日突然非日常に放り込まれる。

今までの生活や趣味で身につけた経験と知識をフルに使い、戦い抜く。

雰囲気は違うけど、硝子のハンマー/貴志祐介不夜城/馳星周を連想する。

 

少々残業して帰宅。

夕方頃にはめちゃくちゃ身体がだるかった。

ひとつの動作をするだけで億劫だった。

 

こんなときは大人の動画に限る。

少し参考書を読んで、寝る。