クロスケ日記 105日の日々

どこにでもいる三十路のしょーもない賃労働者の日々の記録です。他愛もないことばかりですが、カメラ、小説、映画のこと等少しずつでも続けていけたら。

連休なのに

連休なのに、予定がない。
刮目せよ、これが非モテ独身リーマンの現実じゃ。

仕事してた方が、若干気持ちが落ち着く自分に嫌になる。

気になっているカメラのレンズを予約しよう。




大小ある心配事や、傷付いた自分のちっぽけなプライド、不動の地位を築いていきたアイドルの凋落した姿を見てなんとも言えない気持ちになったせいか、今日は変なテンションになっていた。

今までほとんど女の子に相手にされてこなかったけど、若い時にちやほやされてきた女の子だっていつかは、「あぁ、昔は綺麗だったね…」と言われる時がくる。
内心見下していた相手から、相手にされなくなる時も来るのだ。
そういう盛者必衰を思うと、モテない男も悪くないものだ、だって後は上がるだけなんだもんな、というひねくれ逆恨みも甚だしいところに気持ちが落ち着いた。
「馬鹿にしてきた人間たち、ざまーみろー!」
と無性に叫びたくなった。


俺が消えて喜ぶ者に、俺のオールは渡さない。

疲れた。
大人の動画見て寝る。