クロスケ日記

どこにでもいる三十路のしょーもない賃労働者の日々の記録です。他愛もないことばかりですが、少しずつでも続けていけたら。

寝落ちすることろだった

仕事から帰宅後、
横になっていたらいつの間にか落ちていた。
そのまま朝まで落ちているのが
いつものパターンなのだが、
なんとか目が覚め、今にいたる。

職場の人間関係は、微妙。
他者と人間関係を築くのが、この年になっても下手くそなんだな。
浮いてきてしまっている。
ま、もともと砂上の楼閣の感はあったけれど。

1日の終わりに、
誰かとゆっくり話したい。
今日はこんなことがあったよ、
ねえ、ひどいと思わない?、と。

ああ。

よし。ちゃんと布団で寝よう。
寝る。