クロスケ日記 105日の日々

どこにでもいる三十路のしょーもない賃労働者の日々の記録です。他愛もないことばかりですが、カメラ、小説、映画のこと等少しずつでも続けていけたら。

天地がひっくり返っても

f:id:haretaraiinaa:20180423234503j:plain

お出かけついでに、花を撮ってきた。
メインは芝桜。

家族連れやカップル、1人で来ている女の子も見かけた。
女の子に声をかけようか、と思ったが思っただけで、とてもそんなことをする度胸も無い。

同級生で、東京の某所で片っ端からナンパしていた男がいたが、まったく成功していなかったと聞いた。
ならば、こんな挙動不審な気持ち悪い男がいくら声をかけたところで、天地がひっくり返っても奇跡は起こらないだろう。

は、自分で言ってて悲しくなるぜ。


カメラの重みを感じつつ、マクロレンズで楽しんできた。
ベタだが水滴も撮りたいな。
風に吹かれ、花が揺れていた。
風に吹かれ、汗ばんだ体に心地よい。
あー、楽しかった。


花柄が似合う女性は色っぽいね。
あー、変態だな。


大人の動画見て寝る。