クロスケ日記 105日の日々

どこにでもいる三十路のしょーもない賃労働者の日々の記録です。他愛もないことばかりですが、カメラ、小説、映画のこと等少しずつでも続けていけたら。愛機はCanonの一眼エントリー機。

どうせこのままなにも変わらないなら

どうせこのままなにも変わらないなら、何か動いてみよう。

習い事を始めるつもりだ。
もう準備はしている。
少しでも動いていたら、良い方なのか悪い方なのかわからないがきっと何かの形で帰ってくる。
そこで女の子と出会えたら、ラッキーじゃないか。
できれば、ちょいぽっちゃりの娘といちゃいちゃしたいぜ。


どうせ今のまま毎日を過ごしていても、何も変わらないのだから。
せめて、ささやかな抵抗を。

寝る。