クロスケ日記 105日の日々

どこにでもいる三十路弱小会社員の日々の記録。他愛もないことを綴っています。

遅く起きた休日の朝は

雨の休日。

起きたのは昼過ぎでした。貴重な休日を半日溶かしました。

実家からの電話で1度目が覚めましたが、まどろみながら布団の中でごろごろするのは悪くありません。

窓から差す雨の日の光も、たまになら心を静めてくれます。

 

少しだけ仕事(作業)がたまっています。地味にストレス。

ある平日の出来事ですが、資料をPDFで送って欲しいと連絡したら謎の逆ギレをされました。

人間だからなんでも完璧に出来るわけでもなく、こっちの段取りも至らなかったかもしれない。しかし、仕事で動いているんだぞ、そっちに損害を与えている訳じゃあるまいし、どの立場から言っているんだ、と感じた次第です。

うん仕方ない。相手は文化的な人間では無く、自分本位な悪知恵しかない動物と思って接するしかない。

動物に人間の相互扶助の精神はわかるまい。

くそくそくそくそくそくそくっそー。

 

春は出会いと別れの季節と言いますが、仕事上は地方の中小零細企業の労働者にはあまり当てはまりません。

だからこそ、自分から変化を作ろうと足掻いているつもりで…。

ほんとうに微々たるものかもしれませんが。

 

PENTAX   フィルム:Kodak  リバーサルフィルム

f:id:haretaraiinaa:20200308180739j:plain