クロスケ日記 105日の日々

どこにでもいる三十路弱小会社員の日々の記録。他愛もないことから、写真・カメラ(Canon、時々FUJIFILM、PENTAX)、小説、映画、旅行とか。

今日もどこかで許せない夜が

年末年始の大型連休と三連休が終わり、大多数の労働者の方にとっては、いよいよ今日から本当の労働の一年が始まったと思います。

五月病ならぬ新年病という言葉があるようで、今日、出勤するのがとても苦痛だった人がたくさんいたかもしれません。
私もそうでした。


先週、弊社の社員ではありませんが(会社員がいう【うちの会社は】という表現が嫌いです。なぜなら、株主でもオーナー社長でもなんでもない、ただの雇用契約労働者に過ぎないのに、所有格のような表現っておかしくね?、と感じる為)、仕事上でやりとりするある人が、「新年最初から戦線離脱」しそうだ、という噂が耳に入ってきました。
「心もほとんど折れているじゃないかな」という冷酷で、冷静に分析した言葉も聞こえてきました。

その人のことは、ほとんど仕事上でしか知らないため、憶測でものを言うことは憚られます。
ですが、その人の上司(先輩?)が、優秀でクセがあると噂のおひれもあるため、他社の人間ながら気になります。


優秀な人は、出来ない人を許せないのかもしれません。
自分はここまで出来る。
そして出来ない人を見て、「さぼっているんじゃないか、手を抜いているじゃないか」と感じてしまうのでしょう。
人間だから、残酷ですが「個体差」はあります。
成長の遅い早い、物覚えの良い悪い。
身を置いている環境もあるでしょうが、厳然と事実としてあるでしょう。


いろんな人材が入社してくる大都市圏や大企業じゃあるまいし、たかだか地方の、中小零細企業同士の商圏レベルで求めるものが違うのではないか、と感じていた先週でした。

こんなに甘いから、だから私はダメ会社員なのかもしれません。


出来ない人を見て、今日もどこかで許せない夜を向かえている「優秀な人」が、いろんな事実に気付きますように。


大人の画像見て、寝る。