クロスケ日記 105日の日々

どこにでもいる三十路弱小会社員の日々の記録。他愛もないことから、写真・カメラ(Canon、時々FUJIFILM、PENTAX)、小説、映画、旅行とか。

間近で感じる

田舎ものだけれど、身近で国際的なものを感じるときもある。
いや、多数の人が持ってるiPhoneとかめちゃくちゃ国際的じゃん、そんなの腐るほどあるじゃん、なにを今更、といわれればそこで話は終わってしまうけれど、身近で観察し感じたことを書きたい。だってブログは、自分の日常で感じたことを吐き出せるひとつの器みたいなものだから。
もちろんそこで、時流から取り残され「今更そんなことも知らなかったの?」と思われることもあるはず。


日本人にしか出来ない、とまでは思わないが、海外に外部委託することはない、と高をくくっていた事柄がすでに、東南アジアの外注に投げられていることを知った。

様々業種が海外に仕事を委託している話を、ずっと前からいろんなところで見聞きしてきたけど、実際身近で起こると思うところは、ある。

やっぱり今の環境にあぐらをかいてしまった感はある。
この先の先、大局的な目で見た場合、自分に仕事はあるんだろうか、と後ろ向きな考えも浮かんでは消えた。


ま、あれな動画でも見て、しばし現実を忘れよう。