クロスケ日記 105日の日々

どこにでもいる三十路弱小会社員の日々の記録。他愛もないことを綴っています。

ネットの言葉

ネットで見かける「上司ガチャ」という言葉。
自分も経験した。身近でも観測できる。

その身近な例の場合。
「あれはちょっと可愛そうだよ、あの人の下にいても何も身に付かないから時間の無駄だよ」と言われている若手がいる。上司ガチャである。

自分もそう思う。
おそらく何年過ごそうが身につくのは「無茶ぶりに対する危険察知能力」と「上手く立ち回り怒られず、でも仕事はしっかりやってますアピールをし、悪いのは取引先!と責任転嫁する能力」ぐらいではないだろうか。
取り返しがつかなくなる前に、もっと組織的に…。

と、こんな偉そうなことを書いているが、自分は「社歴だけは長く実力は伴わないけれど、仕方なく繰り上げみたいな形で上の立場に就く」程度の能力しかない。
もし、その立場になったら、自分自身が「上司ガチャ」を体現する訳にはいかない。


と、こんなカッコいいことを書いているが、卒業までクラス替えのない公立●学校みたいな環境だから、そんな立場になることもない。

人生はままならないっすね…。


30過ぎて、初めて野外ライブに行ってきた。
ビール飲みつつ音楽を聞く。楽しかったー。

カメラを始めたのもブログを始めたのも30ちょい過ぎから。

それまでの「上司ガチャ」、それと「環境ガチャ」から距離を置くことが出来たからだろう。

いざ、その場所から抜け出し、第三者の目線で見てみると「なんてくだらない、異常とも思える環境にいたんだろう」と気付くことができる。

その中にいると「今いる世界がすべて」と思いがちなる。


寝る。