クロスケ日記 105日の日々

どこにでもいる三十路弱小会社員の日々の記録。他愛もないことを綴っています。

良い悪いの話ではない

良くも悪くも同業他社に移っていった人間のうわさ話が聞こえてくる。
うわさ話はみんなの大好物。

移っていったその中の一人は、仕事が無いのか別の同業他社に自分を使ってくれないか、と持ちかけているという。
それに関して、今の環境から飛び出す気概もない私はどうこう言うつもりはない。

どこに行ったって、何かしらある。


自分のちっぽけさを噛み締めながら、大人の動画でも見ようかな。

この前ご飯を食べた女性とまたご飯を食べることになった。これ以上関係は進むことはないだろうけど、社外の人間と話すのは、もの凄く大切。

世界は広い、自分で自分を責めない。

空元気で今週もお互い乗り切りましょー、この国に無数にいる労働者の皆様。
サービス業の方、お疲れ様です。

寝る。