クロスケ日記 105日の日々

どこにでもいる三十路弱小会社員の日々の記録。他愛もないことを綴っています。

とりとめのないこと

一眼レフの新しいボディが欲しい。

レンズが欲しい。

彼女が欲しい。

彼女とご飯を食べて、美味しいねと言いたい。

旅行に行きたい。

健康でありたい。

写真撮りに行きたい。

時間が巻き戻って欲しい。絶対に、あの部活には入らない。

もっと時間が欲しい。

 

自分の欲望って、しょーもねーなー。

書いてて、なんて小市民でささやかな願望なんだろうと、これが自分の器かと、思い知る。

 

 

 

人間の気持ちや思考って、環境や普段接する人に影響され、「クセがつく」よね。

そのクセを変えるのもなかなか容易ではないよね。

会社と部屋の往復で、仕事関係の人間以外の、外の世界の人と接触しないから「絶対に自分では意識できないクセ」がついていると想像する。

 

近頃、仕事で嫌なことがあると「入社したとき、さんざん人をいじめ、小馬鹿にし、人を育てようとしなかった組織のクセに!」という考えがすぐに浮かぶ。クセが出来上がっている。この考えは、自己を成長させる機会を奪っている、と自覚しているが、どうしてもこの思考が浮かんでしまう。

自分はまっすぐ進んでいるつもりなのに、まるで道にできた凝り固まった轍をぐるぐる回り、堂々巡りをしているだけの様に感じる。

 

もっと、普段見ているものに疑問をもったり、見えない道に光を当て可視化するような思考が出来ないのだろうか。

 

うん、抽象的だね。

とりとめのないこと。

 

寝る。