クロスケ日記 105日の日々

どこにでもいる三十路弱小サラリーマンの日々の記録。他愛もないことから、写真・カメラ(Canon、時々FUJIFILM)、小説、映画、旅行とか。

浸りたいわけではないが

昔はこうだった、とノスタルジーに浸りたいわけではないが、社会人になりたての頃は通勤中の時間つぶしといえば読書か音楽やラジオを聴く程度しかなかった。

今はというと、通勤中はビジネス系のyoutubeを見たり(聴いたり)している。

あとはSpotify

あれ?そんなに大差ない?

ビジネス本を要約した動画は重宝する。

頭の悪い自分でも、ポイントをわかりやすくまとめている動画のおかげで、本を読んだ気になる。

自分はものを知らない、ということを知る。

無知の知、というやつだろう。

しかし、吃音者からすると、すらすら話せる人間はうらやましい。

 

あともう1日で今週も終わる。

なにかを積み上げているようで、なにも積み上げていないような気がしてしょうがない。

サラリーマンはハイリスク・ローリターン。同じ光景を繰り返すなかに、変化を見いだす矛盾も必要。

 

フィルム1本、撮り終わった。kodak GOLD 200。

自分の生活スタイルも考慮し、1ヶ月に1本はフィルムで撮りたい。

VSCOもはじめてみたけど、ずっと見てしまうから危険だ。時間泥棒だ、あれは。

 

寝る。