クロスケ日記 105日の日々

どこにでもいる三十路の弱小サラリーマンの日々の記録です。他愛もないことばかりですが、写真・カメラ(Canonユーザー、時々FUJIFILM)、小説、映画のことを少しずつでも続けていけたら。

もう一つの世界を持つ人

また労働者の日々が始まってしまった。
社内で浮いている、ときめきのめくるめく日々がまた始まるのだ。

よく言われることだけれど、人は孤独な生き物。
社交的で、常に人の輪の中心にいる人でさえも孤独。
そして、その孤独を埋めてくれる「確かなもの」なんてない。
自分をつき動かすエネルギーは、自身で自家発電して作り出すしかない。


(そして、ここまで書いといて矛盾してるが、仕事終わりに試験勉強してる自分を褒めてくれる彼女が欲しいっす!
もう、何から手をつけていいかわからない。)

プライベートでほとんど外の世界の人と会話をしない。ときたま人と会話するとどぎまぎしてしまう。
先日、たまたま話す機会のあった人が格好良かった。
その人は本業を持ちながらも、別の仕事のような道楽のような楽しみを持っていて、あ、なかなか出来る事ではないな、と思った。

もう一つの世界を持つ人、である。

もちろん楽しいことばかりではないだろう。

それでも、そのもう一つ世界が浮き世から身を守る防波堤になっているのかもしれない。
勝手な想像だけれど。


副業が騒がれる昨今、自分ももっと力を入れて考えてみようかしらん。

まずは就業規則を読み込むことから、かな。

なんつって。