クロスケ日記 105日の日々

どこにでもいる三十路の弱小サラリーマンの日々の記録です。他愛もないことばかりですが、写真・カメラ(Canonユーザー、時々FUJIFILM)、小説、映画のことを少しずつでも続けていけたら。

ちょっと強く思った日

連休明けの火曜日。
全国のサラリーマンからため息が聞こえてきそう。
そんで、曜日が関係ない職種に身を置いているサラリーマン方々、お疲れ様です。

労働者なら何百万回と頭に浮かんだかわからないフレーズが、脳細胞から滲んできた。

「もし、今の会社がなくなっても、放り出されても生きていける力をつけてやる」と。


そして今日はそれを、いつもよりちょっと強く思った日だった。

誰の言葉か忘れたけれど、
「人はある部分では勝ち、ある部分では負ける」
という寸言が好きだ。

未経験者が、今の私の業務・業務量をもったら、軽く頭がおかしくなるだろう。

逆もまた真なり。

私がまったくの門外漢の業務についたら、もれなく発狂する自信がある。



寄り道を繰り返しながら、自分の道を行くだけである。

試験勉強して、寝る。