クロスケ日記 105日の日々

どこにでもいる三十路弱小サラリーマンの日々の記録。他愛もないことから、写真・カメラ(Canon、時々FUJIFILM)、小説、映画、旅行とか。

今年初のタンブラーデー

協力会社の社長さんから、「会社の人以外と接していないのはまずいよ」と世間話の流れの中で言われる。
本当にそうなんだけれど、こればっかりはどうにもできない。
社会人になったら「知り合い」は増えても「友人」はなかなか増えない。そもそも社会人の友人の定義ってなんだ。
社交性、コミュニケーション能力が無い人間は人生ハードモードなのか、と今まで生きてきて何千回も痛感したことを改めて実感している。
人間は忘れっぽい生き物だなぁ。

資格試験の過去問を解いている。
前回試験間際の、追い込みをかけていたときなら簡単に解けたはずの問題に手こずっている。

少しずつ脳を慣らしていって、本番に向け仕上げていく。


夏限定で仕事中、タンブラーを使用している。
いや冬も使えばいいんだけどさ、なんかね。
どうでもいいこだわりか。
今年初のタンブラー出勤デー。

今夏もまた猛暑になるのかな。

寝る。