クロスケ日記 105日の日々

どこにでもいる三十路の弱小サラリーマンの日々の記録です。他愛もないことばかりですが、写真・カメラ(Canonユーザー、時々FUJIFILM)、小説、映画のことを少しずつでも続けていけたら。

火曜日の夜

起床、労働、食事、試験勉強、大人の動画、就寝。

そろそろ平日はこのサイクルになりそう。
「そろそろ」と書いているけど、ほとんど今までと変わらない。
もちろん、「試験勉強」が「趣味のカメラ、写真等」に変わるときはある。

そしてこの生活が送れるということは、身体がそこそこ健康であり、今のところプライベートで問題を抱えていない(人間関係の嵐に巻き込まれていない、親の介護もない、精神衛生を脅かされない等)という背景があることも忘れてはいけないなー。
衣食住足りて礼節を知る、というやつ。

アイドルの進退問題がニュースでちらほら見られるくらいに、この国はある意味平和。

今の環境に居られるうちは、とことん楽しもっと。

そんな火曜日の夜。