クロスケ日記 105日の日々

どこにでもいる三十路の弱小サラリーマンの日々の記録です。他愛もないことばかりですが、写真・カメラ(Canonユーザー、時々FUJIFILM)、小説、映画のことを少しずつでも続けていけたら。

好きな顔

人が音楽や映画、小説でもいい、その感動に胸を打たれている時の顔が好きだ。
何かを決意し、まだ見ぬ未来に向けて、顎を引きぐっとこらえている時の顔が好きだ。
夜になると不安と焦燥感が交互にやってくる。
それでも見知らぬ人の、感動に撃ち抜かれた顔を見たとき、なぜか、「いつか俺だって」と思ってしまう。
今は雌伏のときだ、と自分に言い聞かせながら思ってしまう。


今日も労働だった。
1日が終わった。
巡り巡る日々よー、疲れたよー。
気付けば今年も半年近く経とうとしている。
あれ?ついこの前、年が明けなかったっけ?


身体を休める。
寝る。