クロスケ日記 105日の日々

どこにでもいる三十路の弱小サラリーマンの日々の記録です。他愛もないことばかりですが、写真・カメラ(Canonユーザー、時々FUJIFILM)、小説、映画のことを少しずつでも続けていけたら。

あっという間の1日

仕事でも趣味でも、精進しなければ、と思う1日だった。

「遊び」って大切だ。それが如実に表れる時がある。

というかこんなことを思い、「わたし、遊んでますよ」という周囲にアピールをしている時点で、背伸びしているだけだ。

 

思考は堂々巡りしつつ、「まあ、しょうがないじゃないか」という諦めの諦念も混じっている。

人は、孤独だ。誰しも孤独。

飛躍しすぎか。

 

今日は疲れた。

さっさと寝る。