クロスケ日記 105日の日々

どこにでもいる三十路弱小サラリーマンの日々の記録。他愛もないことから、写真・カメラ(Canon、時々FUJIFILM)、小説、映画、旅行とか。

運び屋(The Mule)を鑑賞

映画、運び屋(The Mule)を鑑賞。

実話を基にしたストーリーとは驚き。

とっさの機転に富み、カルテルにも動じない胆力を持つ、煮ても焼いても食えない男。

クリント・イーストウッド、80代後半!

その活力、生命力は純粋に格好良いと思う。

「老いを迎え入れるな」

 

自分なんてまだまだ若造である。

コーヒーでも飲もう。

 

さ・く・ら。

オール望遠レンズ。

望遠レンズも楽しい。

f:id:haretaraiinaa:20190324103059j:plain

f:id:haretaraiinaa:20190324103214j:plain

f:id:haretaraiinaa:20190324103236j:plain