クロスケ日記 105日の日々

どこにでもいる三十路の弱小サラリーマンの日々の記録です。他愛もないことばかりですが、写真・カメラ(Canonユーザー、時々FUJIFILM)、小説、映画のことを少しずつでも続けていけたら。

チワワちゃんとヤワ男ちゃん

10年後20年後、君は何をやっているかな。

 

映画「チワワちゃん」を観てきた。

映画はとても面白かった。

門脇麦、可愛い。

…こんなおっさんが言うと気持ち悪いな。

現実世界で言葉にすると、救いようのないおっさんの出来上りである。

 

映画の元になった漫画は「90年代」が舞台みたい。

どれほど情報社会が発達して、生まれたときからインターネットがあり、SNSが出現し、世界が変わったように思えても、人間の有り様として普遍的なことは何も変わりはしないのだと思う。

若さも、永遠に続くと思われる馬鹿騒ぎも、いつかは終わりを迎える。

どんなことにも終わりはある。

 

この監督の言葉がなかなか良いね。

「皆、ある程度年齢を重ねると、自分をアップグレードするのを止めるので、その中で闘っていかなきゃいけない。」

 


1/18(金)公開 映画『チワワちゃん』予告編

 


Have a Nice Day!(ハバナイ!)- 僕らの時代【MV Edit Version】

 

 

同業他社に転職した先輩がぼやいていた。転職していった会社は慢性的に人手不足の様。たまに「50代」を採用しても、「プライドを捨てられない」からか中々続かないんだよなぁ、とのこと。

生きるって、みっともねーことなんだよね。

西原理恵子女史の「ぼくんち」からたくさん学んだ。

 

 

今、私は地方都市の中小零細企業のしがない労働者。

比較的に恵まれている環境だとは思う。

でも、今日、すこしだけ思ってしまった。職場のある先輩たちが「同盟」を組み、情報交換し、「自分に与えられた権限」超えて協力しあっているのを見て。

自身が身を置く組織に、一人でも良いから「親友」や「仲間」がいれば、どれほど心強いのだろう、と。

仕事場で「お友達」を求めるのは、戦場で背後から撃たれて「卑怯だぞ!」と叫ぶようなものである。

 

今日はまったくもって、ヤワ男ちゃんである。

どうしたものか、まったく。

今日だけであってほしい。

 

寝る。