クロスケ日記 105日の日々

どこにでもいる三十路の弱小サラリーマンの日々の記録です。他愛もないことばかりですが、カメラ(Canonユーザー)、小説、映画のことを少しずつでも続けていけたら。

もう一眠りしよう

風邪を引いた。

木曜日あたりから喉の痛みと寒気を感じていて、嫌な予感はしていたが、的中してしまった。

早々に仕事を切り上げ、帰宅。

部屋に着く頃には、倦怠感で歩くのも面倒くさい状態になっていた。

一度座ってしまったら、再び立ち上がるのは至難。ありったけの気力を振り絞り「よいしょ-」のかけ声と共にやっとこさ立ち上がる。

倦怠感と頭痛と寒気で、なかなか眠りが訪れない。

お布団のなかで「うんうん」唸っていることしか出来ないおっさん。

とても大人の動画なんて相手にしていられない。

枕元においたポカリが旨い。

 

ほぼ1日、お布団の上で過ごし、昼なのか夜なのかも判別がつかない時間を経て、近所のコンビニに行けるくらいには回復した。

 

健康って大切。

休養って大切。

体調不良で寝込んでいる時、真っ暗な部屋で、このまま世界が滅びてしまえばいいのに、と思ったのはご愛嬌。

 

いつまで同じ毎日を繰り返せばいいのだろう、と思うのは傲慢かな。

 

もう一眠りしよう。

 

f:id:haretaraiinaa:20190113145523j:plain