クロスケ日記 105日の日々

どこにでもいる三十路の弱小サラリーマンの日々の記録です。他愛もないことばかりですが、カメラ(Canonユーザー)、小説、映画のことを少しずつでも続けていけたら。

自信喪失雨霰

智に働けば角が立つ。
情に掉させば流される。
意地を通せば窮屈だ。
とかくに人の世は住みにくい。

どこかで一度は見聞きしたことある有名な一節。


社内行事がめちゃくちゃ苦手だ。嫌いだ。大嫌いだ。大嫌いだ。大嫌いだ。

俺のようなコミュニケーション能力が低く、浮いている人間は、完全に邪魔者になる。

行事も仕事の一環だということは、理屈ではわかる。
ほとんどの組織において、社内行事は大切なことだ。

でもさ…。

ここで、「組織の利益にならない社内行事」って、そんなに重要?とか、そこまで真剣にやる必要ある?と思ってはいけない。
それなら、もっと業界の動向の情報を共有したり、先のことを見据え従業員の教育に力を入れたりしたほうがいいんじゃないですか?と思ってはいけない。
それで出た利益をしっかり従業員に還元すれば、みんなハッピーじゃね?と思ってはいけない。


こういう行事ごとって、「村社会の決まり事」みたいなものだから、適応できない人間は生け贄にされる。
こわ。

ここぞとばかりに偉そうする人。
アピールを交えマウンティングしてくる人。
周囲がだらしないから私がやってるんですよ、と世界の終わりのような深刻そうな顔をしながらアピールしている人。


とかく会社内も住みにくい。
本業はしっかりやっているのに、自信だけが喪失していく。


あともう1日をしのげば、労働者のつかの間の休息。
労働の疲れを癒やし、溜まったガスを抜き、明日食べるパンを得るための、労働力の再生産への休息の日々だ。

彼女ほしいよ、くそったれめ。


寝る。