クロスケ日記 105日の日々

どこにでもいる三十路弱小サラリーマンの日々の記録。他愛もないことから、写真・カメラ(Canon、時々FUJIFILM)、小説、映画、旅行とか。

100000

先日、愛車の走行距離が100000キロを超えた。
思えば遠くに来たもんだ。


仕事終わり、某コーヒーチェーン店で資格試験の勉強をしている。
体力に余裕が在る限り、なるべく平日は勉強しようと考えている。
短い時間で集中的に。


店の端の席ではアジア系(?)の人間たちが言い争いをしている。「いくら残ってるのよ。」「見せなさいよ」「私は何も悪いことはしていない。」と。
金銭がらみだろうか?

斜向かいの席では、東欧系の美女が優雅にコーヒーを飲んでいる。
どうしてこの国に来たんだろう。
理由を聞きたくなったが、そんな度胸もクソもないのでやめた。

こんな田舎の地方都市もインターナショナルに。


月曜日の夜。
また一週間が始まった。
僻地や地方都市の労働者の皆さん、今週も乗り切りましょう。
私も、乗り切る…。

寝る。