クロスケ日記 105日の日々

どこにでもいる三十路の弱小サラリーマンの日々の記録です。他愛もないことばかりですが、写真・カメラ(Canonユーザー、時々FUJIFILM)、小説、映画のことを少しずつでも続けていけたら。

速度は落ちたけど

ゆっくり読んでいる小説。

料理漫画はいろいろとあるけど、料理小説って珍しくない?

電車移動がめっきりなくなったから、読む速度も落ちた。

 

それでも自分のペースで、読めるときに読む。

気持ちは、物語の世界に沈んでいく。

ある種の現実逃避。

花散らしの雨 みをつくし料理帖

花散らしの雨 みをつくし料理帖

 

 

読んでいると、料理したくなる。

へへ、単純な性格なもんで。

ある時、包丁さばきを見られ、「へぇ、(みかけによらず)意外とそういうこともできるんだね」と有難いお言葉を頂戴したこともある。

 

仕事終わりに資格試験の勉強を少しずつ進める。

近道はなく、ただただ目的に向かって進むのみ。

 

大人の動画を見て、寝る。