クロスケ日記 105日の日々

どこにでもいる三十路のしょーもない賃労働者の日々の記録です。他愛もないことばかりですが、カメラ、小説、映画のこと等少しずつでも続けていけたら。愛機はCanonの一眼エントリー機。

誰に誓うでもなく

また資格試験の勉強を始めよう。

取得したからといって、への突っ張りにもならない代物だが、それでも今の業界にいるからには取りたい。

 

座して何もしないまま時間だけが過ぎるのは怖い。

今、自分がいる立ち位置、環境、できる範囲の中で、足掻いてみるさ。

人と比べることなく。

 

月曜日だ。

地方都市でもがくサラリーマンの皆様、1日お疲れ様でした。

 

寝る。