クロスケ日記 105日の日々

どこにでもいる三十路のしょーもない賃労働者の日々の記録です。他愛もないことばかりですが、カメラ、小説、映画のこと等少しずつでも続けていけたら。愛機はCanonの一眼エントリー機。

自分の燃料は

自分を突き動かす燃料は、誰かから与えられるものではなく自身の中から絞り出すもの。生み出すもの。

寝食を忘れ没頭できるものがある人間は、外見から想像できない強かさがあるはずだ。


自身を省みる。
女性から相手にされることはないのは明らかなんだから、変な望みは捨て、没頭できるものを探せばいいだけである。
そこから世界を広げていけば、きっと老後もボケることはないだろう(おい)。

どうも変な所でプライドがある。
自分可愛さで手いっぱいとも言える。
(好きな小説の一節から引用)


何かに、誰かに縋ることなく、自分の燃料を絞り出したい。

寝る。
大人の動画は我慢する。