クロスケ日記 105日の日々

どこにでもいる三十路のしょーもない賃労働者の日々の記録です。他愛もないことばかりですが、カメラ、小説、映画のこと等少しずつでも続けていけたら。愛機はCanonの一眼エントリー機。

帰宅後radikoを聴く

土日、体調不良でくたばっていたから聴けなかった朝井リョウ氏のラジオをradikoで聴く。

若い時、もっとお笑い芸人のラジオとか聴いておけばよかったなぁ、としんみり。

当たり前だけど、話術すごいよね。

でも、当時、radikoとかなくね?

いや、いくらでも聴く方法はあるんだろうけど。

くっそー。

 

カメラをもって久しぶりに街歩き。

映画を観に行こうと思ったが、さすがにそこまで体力は回復しなかった。

f:id:haretaraiinaa:20181016221711j:plain

f:id:haretaraiinaa:20181016221732j:plain

 

また、そろそろ資格試験の勉強を再開しようか。

仮に取得しても「持ってないよりマシ」ぐらいの資格だが、会社内での地位向上のために取りたいよー。風当たりがきっつい。

というか、一生食いっぱぐれない「資格」ってなんだろう。金持ちの親の既得権を引き継ぐくらいか。引き継いでも馬鹿だと、養分にされ凋落するが。

働き続ける限りというより、生きる続ける限り続く「レース」の様なものはある。

 

 

学生の頃、放課後に制服デートできなかった。せめて、社会人になってからは仕事帰り女性とデートしたかった。いや、したい。

「気の合わない同僚がさー」と、なんでもないささやかな日常のことをご飯でも食べながら話したい。

お店の喧噪につつまれて、ゆるやかに時間が流れる感じ。

 

この先、そんな日はくるのだろうか。

 

来年のGWは10連休なのか。

社畜には悩ましい連休でもある。

平日より、休日でた方が集中できるんだもん。

終わってる。

 

寝る。