クロスケ日記 105日の日々

どこにでもいる三十路のしょーもない賃労働者の日々の記録です。他愛もないことばかりですが、カメラ、小説、映画のこと等少しずつでも続けていけたら。愛機はCanonの一眼エントリー機。

詰め将棋の様に

街歩き用に古本屋で購入したガイドブックみたいな冊子を見ていたら、なんと去年、ミュシャ展が開催されていた事を知った。
これは、行ってみたかったなぁ。ショック。


地方都市のへっぽこサラリーマンだが、仕事が少しずつ少しずつ押し寄せてきている。労働者は勝手なもので、暇だと忙しいくらいがちょうどいいと言い、忙しくなるとこきつかうんじゃねえ!と言うものである。

そしてこのままだと、小さな波はいずれ津波になり飲み込まれる事が予測できる。
(理想はほどほどに働いて、ほどほどに暮らすことなのにー。)

中小零細企業だから、指揮系統とかあってないようなもんだけど、上に相談してみよう。
(その分、仕事さえしっかりさばいていればある意味フリーダム)

絶対に抱え込まないぞ、と。
俺の、大人の動画ライフが危うくなる。


…ま、こんなことわざわざ書く事でもないか。


今抱えている仕事量と自分の処理能力を基に、詰め将棋の様に逆算していき、未来に対処するしかない。




詰め将棋したことないけどね。

大人の動画を見て寝る。