クロスケ日記 105日の日々

どこにでもいる三十路のしょーもない賃労働者の日々の記録です。他愛もないことばかりですが、カメラ、小説、映画のこと等少しずつでも続けていけたら。愛機はCanonの一眼エントリー機。

知らないだけで

自分自身、無学で無教養だと自覚している。
地方のド田舎で育ち、ずっと自分の世界が中心だと勘違いしていた。

何気ないきっかけから、QUEENの「We Will Rock You」の和訳を初めて知った。
そして、和訳を知った上で聴いた。
とてもとても有名な曲なので、フレーズを耳にした事は何度もあったが、どうしても食指が動かなかった。

こんなめちゃくちゃ格好いい曲だったなんて…。

もっと若いときに聴いていてら、どう感じただろうか。
10代の時に聴いていたら、どう感じただろうか。


いろんな和訳があるが、どれも格好いいね!


自分がただ知らないだけで、世には、触れれば世界の見方を変えてしまう物事がたくさんあるのだろう。 
大半のことは気付かず目の前を過ぎていき、何かの拍子に目の前に現れた出来事に心奪われる。

そんな事を思った、田舎リーマンの平日の夜。

録画しといた、ノンフィクション番組でも観よう。

そして、寝る。