クロスケ日記 105日の日々

どこにでもいる三十路のしょーもない賃労働者の日々の記録です。他愛もないことばかりですが、カメラ、小説、映画のこと等少しずつでも続けていけたら。愛機はCanonの一眼エントリー機。

マジックアワーに憧れて

あれ?
そういや最近、昼間から日が沈むまでの景色の移ろいをしっかりと感じた事ってないよな、と気付いた。
どうも、もっと気持ちをフラットにして、1日が夜に沈んでいく感覚を味わいたいな、と。
縁側に横になって、コーヒーでも飲みながら。


彼岸花を撮りに行きたい。
願望だけでは駄目だ。
先ずは行動。

月曜日。そんなに疲れていない。
よしよし。

よし、大人の動画を見て、寝るぞ。