クロスケ日記 105日の日々

どこにでもいる三十路のしょーもない賃労働者の日々の記録です。他愛もないことばかりですが、カメラ、小説、映画のこと等少しずつでも続けていけたら。愛機はCanonの一眼エントリー機。

社交的になりたいもしくは擬態能力を高めたい

日本で大多数を占める中小零細企業の、下層で日々大人の動画を見まくっている駄目リーマンとは私の事です。


社内行事がめちゃくちゃ苦手。
大手、中小企業問わず、学校でも学校行事があったがめちゃくちゃ嫌いだった。
いつも、リーダーシップを発揮する人に役割を与えられて、動くタイプだったなぁ。


弊社の様な、田舎の零細企業でもあるんです。
社内行事が…。
もう少しでまた社内行事の時期がくるな。
くそ。

コミュニケーション能力が高い人は、どんどん動き、いつの間にか発言力を高め、ちゃっかり主要メンバーの1人になっていて、俺みたいな人間は今更発言しにくくなり端に追いやられる。
(というか、本来の仕事は?暇なのか?と勘ぐってしまうが。)


こういう時、俺は皆の輪に入れないんだよね。

ポジション取りの戦いにすら参戦できず、いつの間にか指示待ち人間になっている。
だって、何やっていいのかわからないんだもん。


というか、サラリーマン社会でこういう能力が欠けているってかなり致命的な様な…。


社交的になりたい、もしくは『その場を楽しんでますよ』という擬態能力を高めたい。
女性って擬態能力、高いよね。

しかし、社内行事は全く駄目でも、自分の本来の仕事はしっかりとこなしている自負はある。
組織に貢献しているというささやかな自負はある。
これが俺の生命線だろうか…。

【結果だけが身を守ってくれる。】
最近の心の中の口ぐせ。


とりあえず大人の動画を観て寝る。

資格試験、受かるぞ。
ちくしょうが。