クロスケ日記 105日の日々

どこにでもいる三十路のしょーもない賃労働者の日々の記録です。他愛もないことばかりですが、カメラ、小説、映画のこと等少しずつでも続けていけたら。愛機はCanonの一眼エントリー機。

36度のとろけそうな日

連日猛暑日が続く中、高校野球の地区予選で青春を謳歌している高校球児に頭が下がる。高校野球に少しでも興味のある人は、故郷の試合結果をネットや新聞でつい探してしまうのでは。

というか、大会の日時をずらしてあげればいいじゃん、炎天下の下でいくら若いからといってたって可哀想だよ!、とおっさんは思ってしまうがいろんな大人の事情があるのだろう。

運転中、センチメンタル・バスの「36度のとろけそうな日」のフレーズが頭の中で蘇った。

当時の夏を思い出すなぁ。せーので走り出す~と口ずさみながら、ハンドルを切る。

道路の先が陽炎で揺らめいている。

 


Sunny Day Sunday/センチメンタル・バス(Cover) 

カバーだけど、この人たち楽しんでるよな。カッコイイ。

 

韓国に行ってきた。

タクシー安い!ただし運転荒い。

冷麺うまし。辛ラーメンうまし。

ポンテギがなかなか強烈だった。

小旅行だったから、日本国内へ小旅行しているのとそんなに変わらなかったような。

浅はかかもしれんが、国外へ行く度に外国語が喋れたらぁ、と思ってしまう。

「英語、勉強しよう」と日本に戻ってくるまでは安い決意を胸に秘めている。

いや、ラジオとかで聞いてみるもの悪くないはず。

f:id:haretaraiinaa:20180721172005j:plain