クロスケ日記 105日の日々

どこにでもいる三十路のしょーもない賃労働者の日々の記録です。他愛もないことばかりですが、カメラ、小説、映画のこと等少しずつでも続けていけたら。愛機はCanonの一眼エントリー機。

ノートパソコン

voicy聴きながらこれを書いてる、なんちゃって意識高い系のブサメンです。
夏なのに、夏らしいイベントは皆無!!
社畜はただ、ひたすら搾取されるのみ。
水着のお姉さんなんて、もはや手の届かない異次元のものと認識しておりますです。

radikoも使っているけど、放送を録音するやり方がよく分からん。どうやって録音するんだー。


ノートパソコンを買い替えた。
SSD、メモリ8GB、core i5
ま、自分が使う分には十分かな。
画像の編集とかゲームやらないし。
CADは、どうかな。微妙な感じがする。

これまで使っていたノートは10年近く前の代物、こんな化石と比べるにつけITの日進月歩を感じる。
いやー、捗るなぁ。捗る捗る捗る捗るぅ。
ネットもメールもサクサクや。

図書館やコーヒーショップでも仕事ができる。
どこでも、仕事が、出来てしまう…。
たとえ停車中の車の中でも…。
社畜は、どんな文明の利器も、どうやったら仕事に応用できるかを考えてしまう。


水着のお姉さんと、お茶したい。

社畜は寝る。