クロスケ日記 105日の日々

どこにでもいる三十路のしょーもない賃労働者の日々の記録です。他愛もないことばかりですが、カメラ、小説、映画のこと等少しずつでも続けていけたら。愛機はCanonの一眼エントリー機。

エアコン調子悪い

夏だから、クソ暑い。
エアコンの調子がよろしくない。
この猛暑日の中、しんどい。
汗が止まらん。ドバドバ出てくる。
家の中で高校野球の地区予選見ながら、選手に勝るとも劣らない量の汗を放出した。

黄色い声で応援されてる選手諸君、羨ましいぞ。

そして早く来て、エアコン点検の業者さん。


静岡旅行で撮った写真を観ていて、まあ自分ってブサイクだなこりゃ女性も一緒に歩きたくないだろうな、と改めて確認したわ。
しかし世間では、『美女と野獣』や『美女とキモオタクっぽい男性』のカップルもたまに歩いてるよね。逆もまた然り…。
何故、俺には巡ってこない?!
…出会いの場に出てないからか。

こんなことで葛藤できるのは、恵まれている証拠でもある。大怪我をしている訳でもない、介護をしている訳でもない、誰かに命を狙われている訳でもない。
そして、人間の欲求が消えてしまっては、生きる屍ではないか。
だからこそ、大人の動画を観まくるのだ。
大人の動画を観て、現実とのギャップを味わい尽くすのだ。

どんなことも、いつまでも変わらないでいることなんて絶対に、ない。
今はただ、この恵まれている瞬間の流れに身を任せ、資格試験や旅行にたくさん行きたい。